« February 2009 | Main | April 2009 »

March 24, 2009

祝、WBC優勝 生ビール半額! みんなで祝杯!

急遽、本日生ビール半額セール!

楽天、岩隈選手の活躍をお祝いしましょう!

MVPは松坂選手でしたが、松坂選手も岩隈選手に悪いと話してました!

店のどこかに岩隈選手のサインがあります!探してみてください!

みんなで祝杯!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

WBC 優勝!

良い試合でした!

韓国も強かった!

でも、どの選手もがんばって素敵でした!

決勝に相応しい、良い試合でしたね~。

日本の精神力の強さが変わったな~。 サムライジャパン!

景気まで良くなりそうな気分になります!

ありがとう! ジャパン!

楽天の岩隈選手の活躍も仙台人にはうれしいです!

東北高校出身のダルビッシュ選手も最後のがんばり良かったですよね!

イチローはさすが格好いいですね! 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 23, 2009

WBC日本勝ちました!

結局見ちゃいました!

川崎選手、格好いいですね!

イチローもさすがにここぞというところで打ってくれて良かった!

明日は韓国戦、がんばれ日本!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 19, 2009

勝山 純米大吟醸「暁」 世界に挑む酒と言えるのでは・・・・(その3)

さて、これからが世界の酒に挑む酒のタイトルの話なのですが。

ここ数年、海外での日本酒の消費は増えています。

一番の消費国はアメリカのようです。軽いビールが美味しい国ですね!日本食のブームもあるのでしょう。

日本酒造組合中央会ホームページのこちらのデータを見ると台湾はかなり減りましたが、ほとんどの国で増えてます。

去年スタッフと台湾に行った時、日本酒の種類がたくさんありました。

残念な事に、保存管理がイマイチでした。ワインはセラーがあったのに・・・。

もしかしたら台湾の料理は日本の焼酎が食事に合いそうなので、焼酎が伸びてるのかな?ずいぶん日本の食材も豊富でしたね。韓国がかなり増えてますね!

さて、本題、蔵見学を終え

French &Wine cellar SHOZAN

今度はフレンチと純米大吟醸「暁」との コラボ。

先ず始めに驚かされたのは、シャンパンと「暁」

P1030062シャンパンは

マルゲ ブリュット グランクリュ
Marguet Brut    Grand Cru
何とも美味しい、シャンパン!
普段飲む安物とは全然違います・・・!
これ美味しい!と思っていたら、蔵元がこれに「暁」をたしてみてくださいとのこと。半信半疑で、おそるおそるシャンパングラスに1センチ程度注ぐ。
そのまま口に運ぶと・・・・なんでしょう!
おいしさが違います、果実の香りが倍増、華やかで、とても美味しい。
蔵元、ヴィンテージに変わるでしょう!と・・・。ヴィンテージを飲んだことがないので分かりませんが、とても美味しいです!happy01

その後、白ワイン Meursault  Louis Jadot 2006 

華やかでバニラのような甘い香りがあり、美味しいワインです。 

純米大吟醸 「暁」をワイングラスに頂き、前菜と合わせて、頂きました。

どれもこれも美味しい~。ワインとの相性もバッチの前菜(あまりに美味しくて写真を撮るのを忘れました)しかし、純米大吟醸「暁」ゼンセン負けてません!

その後、赤ワインPichon-Baron longville 1997

これも今までに飲んだことがない美味しいワイン・・・

P1030065 2000年 ベストフォグラ賞を受賞した「フォアグラ寿司」。(写真が上手く撮れてなくてすみません。すごく美味しいです!)
パリのシャンゼリゼ通り近くにあるレストラン「SHOZAN Paris」の有名料理、やっぱり赤ワインでしょう・・・と思って飲んでみると、この濃厚な味にも「暁」は負けてないのです。もちろん赤ワインともマッチしてました。

日本人なら、「暁」を選ぶかもしません。日本酒と思わないで出されたら、ワインと思って飲むのではないでしょうか。

その後、塩竈焼きの厚切りの仙台牛とぬる燗の「暁」と赤ワイン対決!

これはぬる燗の「暁」が、仙台牛の脂をさっぱりさせて美味しいかったです。お肉の旨味と、赤ワインの渋みのマッチングの方が私は好きでしたが、しかし、純米大吟醸「暁」の日本酒の枠を超えた可能性には驚きました。

本当に今後楽しみなお酒です。国内だけでなく、海外での広がりの方が早いもしれませんね。まさに、名前の如く、日本酒の夜明け「暁」scissors

今回、利き酒師としてとても貴重な勉強が出来ました。蔵元には誠に感謝致しております。ありがとうごました!

別れ際に、蔵元と安いシャンパンで試したらどうなるんでしょうか?と話し、蔵元がどうなるんだろ?と仰ったので、後日、安いスパークリングワインで試しました!

同じように「暁」を足して飲んでみたところ、美味しくなりました~!good

まあ、安物は安物なりに底上げされる感じですが。。。。coldsweats01

高級シャンパンのようにすごーく変化はないですが、それなりに良くなります。

それから、コンビニの焼き鳥を温めて「暁」と食べると、変な臭みが消えて美味しくなりました。これにはかなり驚きました!punch

ちょっと贅沢なお酒ですが、飲んでみると面白いお酒です。機会が合ったらまた色々試したいです。鰻の蒲焼やチョコレートとも相性が良いお酒だと思います。

特別な日に。。。プレゼントに頂ければかなりうれしい~!lovely

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 17, 2009

山形酒の会に参加!

昨日、市内のホテルで 山形酒造組合主催の勉強会と試飲会がありました。

弊店では宮城のお酒のみの扱いなのであまり飲む機会のない山形のお酒。

同じ東北の仲間、勉強のため参加してきました!

先ず、山形の食の親善大使 アルケーッチャーノの奥田シェフと料理の鉄人で有名な古荘シェフのレクチャー、そして、山形のお酒を造ったとも言われる山形県工業技術セミナー小関先生の山形のお酒についてのお話。

面白かったですね!

P1030177 奥田シェフの話は、チャートを使ってのレクチャー。料理とお酒の組み合わせのお話。このチャートがなかなか面白いのですが表現が難しいしので是非庄内でシェフの料理を楽しみながらうがった方が楽しいと思います。5年ほど前に評判のシェフがいらっしゃると聞いて、友人たちとランチを頂に行きました! すごく丁寧な説明と対応と料理に感動したのです。その後情熱大陸で紹介されて・・・。要予約です!

基本は酒の3要素 苦味、酸味、旨味(糖) そして香りを生かす方法。日本酒をソースと考える。香りを上げコクと錯覚させる。カロリーも抑えることが出来るのだそうです。なるほど~と感心。

これが後で山形の酒を飲んでなおさら納得。山形のお酒はコクがあるんですね~。料理のコクを強くしなくても良いのかもしれません。コハク酸の渋みのせいか脂のキレが良い。

Karu_2 組み合わせは出羽桜の冷やとオイルを多め、削ったカラズミ掛かったヒラメのカルパッチョ

このカルパッチョはほとんど酸味は無かったように思いますが・・・、お酒と合わせると旨味が広がりました。お酒のコハク酸に合わせた、干し貝柱のだしが隠し味に使わてるとのこと、日本酒を飲んで完成する料理でした。そうか~。日本酒がソース!なるほど~。

P1030184 そして、古荘シェフの料理は燗酒に合わせた料理、マヨネーズ味のソース掛けホタテ貝焼き、日本酒は冷やより辛くなります。

先ず、お酒を口にして見ると良い具合のお燗です!少し辛いと感じます。

そしてホタテをだけを食べる。何となく、ソースのマヨネーズの味が強くホタテの味が分からない。

P1030190 そして、ホタテを食べながら日本酒を頂くと、あら不思議!

始めに食べた時には全然感じなかったフルーツトマトの味が広がり、その後にホタテの旨味がやって来て、たぶんチリオイルの味が・・・!!

別の食べ物に変身です!

この後小関先生の貴重な話、すごく興味深い話でもっとお話を伺いたいので今度山形に伺おうと思っています。山形のお酒の30年の苦労があったそうです。

セミナー後、別会場で51蔵のお酒と料理が・・・

今回は5種類くらいのお酒しか口に出来ませんでしたがどれも美味しい!

香りは控えめコクのあるお酒と感じました!日本酒だけで美味しいお酒だと思います。

山形のお蕎麦が食べたくなりました!

宮城のお酒と違いますね。日本酒って奥が深い!まだまだ勉強が必要です!

今度は水系ごとに飲み比べたい!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 14, 2009

勝山 純米大吟醸「暁」 世界に挑む酒と言えるのでは・・・・(その2)

さて、今度は蔵の中です。

Kurabito

勝山さんでは全量純米酒のみに3年前にシフトしたそうです。

以前は1500石を生産していたのが今は400石、相当な決断だったと思います。

全量純米酒に切り替え、質の良い酒を造ることにこだわっています。

米はひとめぼれと山田錦の精米35%と55%のみ

仕込は週1で年40本のペースだそうです。 洗米。蒸し米。麹造り。酒母造りなど、造りのどの課程も手を抜かない、データに裏打ちされた造りをする杜氏さんなのだそうです。前回はお会いしたのですがとてもお忙しそうでしたね。今回はお会いできませんでした。

しぼりも藪田式は使わないで、昔ながらの舟懸けと舟しぼり、近代的な遠心しぼりの3種類だけだそうです。今まで見た蔵のな中でいちばん設備に恵まれ、酒造りの環境としては最高の蔵ではないかと思います。。。2年前はこれから本格的稼働という感じがしましたが、今は安定して充実している感じがしました。

今回驚いたのは、麹づくりの枯らしという作業です。教科書では大抵1日と書いてありますが、勝山さんは3日かけるそうです。

蒸し米も堅め、麹も堅め、もろみも濃厚な感じでした。やはり米の溶けるのがゆっくりだそうです。

Mmushimai Karashi

純米大吟醸 暁の濃厚さと芯のしっかりした味は・・・。この麹かな・・・。

同行したメンバーも麹の堅さに驚き、枯らしが3日というのは初めてと驚いてました。

案内してくださった蔵人さんも蔵元もそうなんだ~。と他と違うんだ~と・・。

いつも蔵を見学させて頂くと、全部同じやり方という蔵は一つとして無く、それぞれの蔵でそれぞれの造りがあるんですね。。。そして、味の違いも出るのです。やはり手作り。

蔵ごとに、水も違うし、造りも違う、たとえ同じ米を使っても同じ酒にはならないのですね。

日本酒の奥深さ。。。毎回驚かされます。

驚きはまだまだ続きます(その3)で・・・お楽しみに!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 11, 2009

仙台在住の作家さんは何人かいらっしゃいますよね!

仙台在住の作家、伊坂幸太郎さん原作の映画 重力ピエロの応援団メンバー募集だそうです!

以下、せんだいE企業だよりから転記

◎映画「重力ピエロ」応援団メンバー募集

 昨年春、仙台市の全面協力の下、仙台・宮城ロケにより撮影された
映画『重力ピエロ』(原作は仙台在住の作家、伊坂幸太郎さん)が、
この度「第1回仙台シネマ」に認定されました。
現在、映画『重力ピエロ』の大ヒットに向けて、「WE LOVE 重力
ピエロキャンペーン」を開催しており、その一環として、今春の公開に
先駆けて、映画『重力ピエロ』応援団を募集しています。

 応援団にご参加頂いた方には、続々と開催される映画関連イベント
情報のご提供や、キャンペーン参加による素敵なプレゼント等の特典が
盛り沢山です。是非、皆さんも参加して、仙台シネマ『重力ピエロ』を
盛り上げていきましょう。
(個人・法人問わず、誰でも自由に参加できます。)

◆協力
 仙台市

◆映画「重力ピエロ」あらすじ
 家族には過去に辛い出来事があった。その記憶を抱えて兄弟が大人に
 なった頃、仙台の街で事件が起こる。謎の連続放火事件。残された謎の
 落書き。落書きと遺伝子暗号の奇妙なリンク。すべての謎が解けとき、
 24年前から今へと繋がる家族の謎が明らかになる。

◆参加方法
 映画『重力ピエロ』応援団募集サイト
 (http://www.netrend.co.jp/jyuryoku-p/)より登録して下さい。

◆応援団参加特典
(1)特典1「出演者舞台挨拶つき試写会へご招待」
 映画『重力ピエロ』応援団に登録した方の中から抽選でペア20組40名様を
 仙台市内で4月に開催される出演者舞台挨拶つき試写会へご招待致します。
 いち早く、話題の映画『重力ピエロ』を観よう!

(2)特典2「出演者舞台挨拶つきのプレミアイベントへご招待」
 映画『重力ピエロ』応援団に登録した方の中から抽選で15組30名様に、
 仙台市内で4月に開催される出演者舞台挨拶つきプレミアイベントでの
 最前列応援団特別観覧スペースへご招待いたします。
 主演の加瀬亮さん、岡田将生さんを間近で見るチャンスです!

(3)特典3「応援団しか知ることのできない情報を定期配信」
 映画『重力ピエロ』イベントや試写会などの最新情報から、キャストの
  撮影中のマル秘エピソードなど、応援団しか知ることのできない情報を
 定期配信いたします。

 出演者のファンの方は必読情報です!
 ※その他詳細は、映画『重力ピエロ』応援団募集サイト
 (http://www.netrend.co.jp/jyuryoku-p/)をご覧下さい。

◆お問い合わせ先(企画・運営)
 株式会社ネットレンド
 担当:伏谷
 TEL:022-265-8818 E-mail:info@miyoung.jp

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 10, 2009

勝山 純米大吟醸「暁」 世界に挑む酒と言えるのでは・・・・(その1)

先日、勝山さんの蔵見学とお酒と食事の相性を勉強してきました。

2年前、蔵見学をこのブログに書き始めた最初の蔵は勝山さんでした。

こちらのブログです

Jiheijisan 前回は若い人にも日本酒をしてもらいたいと思い、学生を連れて行ったのですが、蔵元平蔵さんに大変丁寧にご案内頂き、恐縮しました。今回の参加者は利き酒師、料理研究家、県内で有名な利き酒の優勝者とプロ揃い、ご案内頂いたのは、平蔵さんの弟さん、海外生活も長かった着物がよく似合う、治平さんからの滅多にうかがえない、すばらしい料理とお酒のレクチャー、とても良い勉強をさせて頂きました。本当にありがとうございました!

待ち合わせは 勝山企業さん経営の勝山館むかし天皇陛下が来仙するとお泊になったそうです。庭もきれいで、能舞台もあるんですね~。 ワインセラーの中も見せて頂きましたがセレクションがすごいです!うちの弟の結婚式でもお世話になったんですが・・・チャペルも勝山公園の緑とシンプルにとけ込んで素敵でした。

弟は僧侶なので、チャペルは使わなかったんですが・・・

Machya 勝山館の豪華さを堪能した後に、酒の造りは移転し、半分は壊されてしまった酒蔵(なんかもったいない感じがしまたが・・・)とご自宅の客間など昔の町屋造りを見せて頂きました。大きい神棚が3つ、高い天井と立派な梁、古い堤焼の壺も・・・。3月なのでひな壇飾りの時期でしたが、伊澤家には5月人形の檀飾りがあるそうです。豪華なんでしょうね~さすが伊達家御用蔵、いつか見てみたいです!

お宅を見学した後は、日本料理の醇泉での勉強会。

日本酒は撰勝山 純米吟醸 雄町 勝山大吟醸懸けしぼり 純米大吟醸 勝山 『暁』

Lunch 料理は勝山さんのオリジナルソーセージの酒粕漬け、キンキの揚げ煮、仙台牛、ホタテとうにの炊き込み、新たまご酒に浸したカステラ etc。

どれもこれも絶品で美味しかった~!

3種の日本酒との相性もGOOD!中でも驚かされたのは「純米大吟醸遠心しぼり 暁」

どの料理とも合うのですが、味が変わらない、常にあなたは「暁」という酒質。。。驚きました!大抵の日本酒は温度や合わせる料理で表情を変えるんですが、「暁」は印象が変わらない。

デザートの果物との相性でも驚きました。これは変化したんです!果物の甘さと香りが引き立ちました!

午後は新しい蔵へ 続きは(その2)で!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« February 2009 | Main | April 2009 »