« June 2008 | Main | August 2008 »

July 28, 2008

利き酒勉強会

利き酒師仲間が中心になってはじめた地域SNSふらっとのコミュニティ「みやぎの酒応援隊」主催のきき酒勉強会がありました。

講師は宮城の蔵元たちにとってはとても力強いサポートをしてくださる宮城酒造組合の伊藤先生。普段は蔵人の指導をされてる方ですが、今回初めて一般消費者向けの講義をお願いしました。

まずはきき酒の基礎レクチャー

試飲温度・きき酒環境・きき酒の容器・試料の量・きき酒をする時間・きき酒の心得・きき酒の方法等々、初めての事ばかりでとても勉強になりました。

参加者19名も滅多に聞けない内容を聞き漏らすまいと真剣です!

P1020490   レクチャーの後は実技です。

四基本味の識別・甘み(グルコース濃度)の順位・酸味の順位・日本酒官能評価の模擬体験

Continue reading "利き酒勉強会"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 18, 2008

日本酒を楽しむ女性セミナー3回目

宮城県酒造組合主催の女性向けのセミナーに参加

今回は日本酒できれいになるって知ってますか?というセミナー

昔から蔵人は肌がきれいなのはお酒の効用と言われていましたが、今は科学的にも証明されてるようです。

きれいになる効用は3つ

1.お肌つやつや

日本酒は他のアルコールより体温が2度ほど高い状態が続き、皮膚表面の血液循環が良くなり血液中の栄養素を体の隅々まで行き渡らせるため肌に輝きがでると、お相撲さんでテストしたそうです。

2.白さを取り戻す

美肌効果に良いのは日本酒の原料に含まれる「麹酸」。美肌効果で有名なリノール酸やアルブチン酸と同じように、メラニン色素の生成を抑える働きがあるそうです。

3.保湿と保温効果

美容と疲労効果に欠かせないお風呂に日本酒を入れると保温と保湿に優れているという結果が出たそうです。

日本酒で体を温めると皮下組織細胞の働きが活発になり、汗を大量に分泌して汗腺の異常が調整されるそうです。今回の講師一ノ蔵マーケティング室の山田室長は冬は特にお薦め、夏場は湯冷めしなくて大変と仰ってましたが、冷房の効いた部屋で一日仕事をしてる方は足湯がお薦めだと思います。

量はお風呂には200cc~300cc位で良いそうです。足湯なら、おちょこ1杯で良いでしょう。女性だけでなく男性にもお勧め、夏場のだるさの改善に良いと思います。

汗をかかない生活は、汗腺が弱くなり体臭の原因になるそうです。適度に汗をかくのも大切です。

セミナーでは酒粕パックが紹介されました。

夏場泳いだあとのカサカサしたお肌に使うとしっとりします。

材料は

酒粕 板粕 15cm四方3枚または踏み粕100g

・精製水(湯冷まし) 100cc 純米酒だと効果がより高くなるとのこと

・小麦粉 小さじ2杯

作り方は酒粕をすり鉢でつぶつぶが無くなるまですりつぶし、精製水を混ぜ、小麦粉で濃度を調節しながら入れる。

冷蔵庫で半年、冷凍なら1年は保存可能。全身どこに使ったてもOK、体なら塗って10分から15分で洗い流す、顔なら5分から10分、乾かないうちに落とす。

膝やかかとのがさがさにも良いそうです。P1020466_2

お試しください!

そのほか日本酒化粧水

純米酒200ccに緑茶を大さじ2~3、小鍋でゆっくり4,5分弱火で沸騰させないように煮る。冷まして濾したあと容器に移し、グリセリン大さじ1を入れ振って混ぜればできあがり! 冷蔵庫で保存し、1週間で使い切ることだそうです。

これも日焼けした後の肌にはぴったりだと思います。使い心地は柔らか、結構お酒のにおいはしますので、お気をつけください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 01, 2008

日本酒を粋に楽しむ男になりたい

今日、酒造組合に打ち合わせのため伺った。

その際、これが置いてあった。面白い内容です!

Iki

中身は首都圏で配布されてるフリーマガジン「R25」で掲載されたものだそうです。

漫画の主人公 持手田があこがれている大吟嬢との仲を進展させるための粋な日本酒の楽しみ方を提案している。

ちょい不良(わる)をヒットさせた岸田氏のコメントも面白い!

日本酒の苦手な女性に薦めるペリエ割は5:5だそうです。

この冊子は宮城酒造組合にありますのでお問い合わせください!

また、日本酒造組合中央会が監修のようなので、そちらに問い合わせてもいいと思います。

日本男児!、世界で日本酒を語り、世界の女性を口説きましょう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2008 | Main | August 2008 »