« April 2008 | Main | June 2008 »

May 29, 2008

日本酒を楽しむ女性セミナー

以前、このブログで「日本酒を極めましょう」と紹介した
宮城県酒造組合の若手蔵元さんたち主催の「日本酒を楽しむ女性セミナー」に参加しました。
参加者は18人。みなさん、すてきな方ばかりで驚きました!
日本酒、女性に人気なのかな・・・?

日本酒好きはすてきな女性が方が多いような。。。?!scissors

さて、全4回のセミナーの第1回目は 蔵見学 集合は 宮城県塩竃市にある浦霞さん!

お酒が出来るまでの基礎講座、丁寧なレクチャーとビデオで洗米や製麹の様子などを詳しく説明して頂きました。とてもわかりやすい内容の1時間でした。

麹室を暗くして、種麹を1つの電球の灯りだけで撒いてる様子はちょっと幻想的な感じがしました。

さて、2グループに分かれて、蔵の中に!
P1010997_2
入り口には新酒が出来たときの杉玉が飾られています!
そろそろ酒造りは終わりなのだそうですが、蔵の中では酒造り中。

P1020009_2
これはたぶんもろみの「留添」(三段仕込みの3回目の米と水を入れる作業)朝 蒸した米を仕込んでました。この後、もろみは20日から30日かけて発酵し、お酒になっていくのですね。

P1010995_2 霞さんは 現社長で13代目 1724年 江戸時代からお酒を造り始めたそうです。はじめは20石だったそうですが、11代の時に良いお酒を造るため南部杜氏の平野佐五郎氏に任せ、昭和30年代は1000石、後に佐五郎氏の甥にあたる平野重一杜氏と小規模だからこそ、 「量より質、本物の酒を丁寧に造って、丁寧に売る」と設備を整え、質の追求をしたそうです。
昭和50年代になると、地酒ブームになり、浦霞さんのお酒の質が認められ、今では10,000石になるそうです。宮城の酒の品質を大切にする心、日本酒文化の伝統を守る心意気を感じました!

見学の後は、塩竃の有名なフランス料理店「シェヌー」に移動。

Saka

用意されたのは15種類!しかし私が飲めたのはこの7種類、少しずつ飲んだつもりですが結構酔ってしまいました。

料理は主に地元の食材が使われて、さすが港の町塩竃、海の物が多かったですね!

Iwgaki Hitate

このほか三元豚や野菜のタルと山菜のフリチュールなど豪華なランチでした!

去年参加した友人の利き酒師早坂久美さんには、とてもお得なセミナーとは聞いてましたがすごくお得です!!

去年の1回目様子は早坂久美さんのブログこちらでおっかぁの「食ネタ一直線」もご覧ください!

次回も楽しみです。次回は自分の味の好みがわかりますよ。と伺ってるので益々楽しみです!

今回浦霞さんの他に蔵元さんが3人いらっしゃいました!

三陸の魚に合うお酒をとと仰る、「日高見」の宮城県石巻(株)平孝商店の平井社長

Hidakami_3

下の写真 左が気軽に飲んで頂くお酒とおいしい熟成酒を!熱く語る宮城県金成町、県内最北部にある蔵、萩野酒造(株)の息子さんの萩野さん、お酒は「萩の鶴」「日輪田」など。右が宮城県でも米どころ中新田町の(株)山和酒造店の息子さんの伊藤さんお酒は「山和」「わしが國」など、全国新酒鑑評会で金賞を受賞したとブログにありました! 宮城の蔵元さんは皆さんハンサム揃いですね・・・。参加の女性たちはお酒も入ってうっとりでした。。。!

Yamahagi

しかし飲み過ぎました・・・次回は気をつけよう!

注釈 1石=1升瓶で約100本

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 16, 2008

イベント紹介□ 日本農芸化学会「サイエンスカフェ in 仙台」

宮城県のメルマガからのコピーです! 面白そうですね!

─────────────────────────────────────
■ 3 みやぎのおいしい地酒ニュース ■
─────────────────────────────────────

 宮城の地酒にまつわるいろいろな話をお届けしている「みやぎのおいしい地酒」。
今回は、日本酒にまつわるイベントのご案内です。このコーナーの連載でもおなじ
み、産業技術総合センターの橋本副主任研究員も講演しますよ。

□ 日本農芸化学会「サイエンスカフェ in 仙台」
└────────────────────────────────────
 日本農芸化学会では、身近な話題である“醸造:日本古来のバイオテクノロジー”
をテーマに「サイエンスカフェ in 仙台」を開催します。宮城を代表する蔵元であ
る株式会社一ノ蔵の熊谷伸二執行役員や、「みやぎのおいしい地酒」の連載でもお
なじみの産業技術総合センター橋本建哉副主任研究員の講演では、酒造りの裏話が
聞けるかも?講演の後には、お酒の試飲と懇話会でお楽しみください。お酒が好き
な方、興味がある方など、どなたでも参加できますので、ぜひお気軽にお申し込み
ください。

●開催概要
 日時  : 5月31日(土) 午後1時~午後3時
 場所  : 仙台ホテル「瑠璃の間」(仙台市青葉区中央1-10-25)
 参加費 : 500円
 問合先 : サイエンスカフェ in 仙台 事務局(担当:仲川)
       TEL 022-717-8906

●内容及びスケジュール
 ・世話人あいさつ(午後1時~午後1時5分)
  世話人:東北大学大学院農学研究科 教授 宮澤陽夫

 ・講演「世界のお酒と日本酒の違い」(午後1時5分~午後1時40分)
  清酒を世界の代表的な醸造酒であるワイン、ビールなどと比較し、清酒の特長
 についてお話しします。
  講師:宮城県産業技術総合センター 副主任研究員 橋本建哉

 ・講演「東北、宮城、一ノ蔵の酒造り」(午後1時40分~午後2時15分)
  風土が生む地酒の味の特徴や、一ノ蔵の酒造りへのこだわり、新発想の「お米
 の酒」の開発などについてお話しします。
  講師:株式会社一ノ蔵 執行役員 熊谷伸二

 ・お酒の試飲と懇話会(午後2時15分~午後3時)
  数種のお酒を試飲していただき、お酒の説明を行います。

◎参加申込方法
  メール本文にお名前・ご所属・電話番号・電子メールアドレスを記載の上、下
 記メールアドレスあてにお申し込みください。
 ☆申込用メールアドレス -≫ nkgw@biochem.tohoku.ac.jp

☆日本農芸化学会「サイエンスカフェ in 仙台」のページはこちら
 -≫ http://jsbba.or.jp/02/bosyu/sciencecafe011.html

☆「日本農芸化学会」のホームページはこちら
 -≫ http://jsbba.or.jp/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 14, 2008

今度の週末は青葉祭り!!

復活して24回目になるんですね~!年々華やかになってますね!

5月17日(土)宵まつり(午前9時30分~午後9時00分)
■開祭式〔修祓式/すずめ踊り合同演舞〕
 ・仙台市民会館 大ホール

■杜の市
 ・市民広場・勾当台公園・一番町買物公園

■芸能祭
 ・市民広場・勾当台公園

■仙臺すずめ踊り
 <舞台踊り演舞場>
  ・仙台駅
  ・勾当台公園〔学生祭連大賞〕
  ・市民広場〔個人賞〕
  ・仙台市民会館 大ホール
   〔仙臺すずめ踊り大賞/子すずめ大賞〕
 <流し踊り演舞場>
  ・中央通流し〔名掛丁~藤崎〕
  ・一番町通流し〔サンモール~三越〕
  ・定禅寺通宵流し〔大流し〕

5月18日(日)本まつり(午前9時30分~午後5時00分)
■杜の市
 ・市民広場・勾当台公園

■芸能祭
 ・勾当台公園

■時代絵巻巡行
 ・青葉神社神輿渡御〔通町~東二番丁~定禅寺通〕
 ・武者行列〔一番町~東二番丁~定禅寺通〕
 ・仙台山鉾巡行〔青葉通~東二番丁~定禅寺通〕

■五葉山火縄銃鉄砲隊
 〔錦町公園〕

■すずめ踊り
 <舞台踊り演舞場>
  ・仙台駅
 <流し踊り演舞場>
  ・中央通流し〔名掛丁~ダイエー〕
  ・東二番丁通り大流し~定禅寺通総踊り

 ■手締め式
  ・市役所前広場・市民広場・定禅寺通

Continue reading "今度の週末は青葉祭り!!"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 03, 2008

七が宿の佐藤さんから 山菜が届いた!

天然タラの芽の天ぷら! 今日のお薦めです!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 01, 2008

今年初入荷です! がぜうに

春になったな~と思ったら、初夏先取りぃ~!

がぜうに(殻付きうに) おいしいのです!

Gaze432

こちらにすこし「がぜうに」ついて書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2008 | Main | June 2008 »