« あけましておめでとうございます! | Main | 純米吟醸 雪渡りは10日から »

February 01, 2008

純米大吟醸「地雷也」 首つりって?中取りって何?

早くも2月仙台は寒いです。

小さい酒蔵の酒造りはそろそろ終盤かな・・・

今日はお酒についてのお話。

お客様より、純米大吟醸「地雷也」は首つり雫酒と表示がありますが何ですか?中取りとは何ですか?とご質問を頂きます。

首つりとは蔵用語で、一般には袋吊りと言われています。

去年の純米大吟醸「地雷也」の絞りの様子はこちら。

フネと呼ばれる昔からの絞る道具の中に、袋に詰めてつるしてあります。中身はもちろんもろみ。Cimg2866s

Cimg2856s Cimg2858s

加圧しないで絞ったお酒(雫酒)が溜まっていきます。

絞りは24時間かかり、衛生面には万全に気を使いながら行われる作業です。

絞ったお酒を数回に分け保存し、澱の落ち着きを待ち、上層部と下層部を取り除き中間層にあるお酒を瓶に詰めます。これが(中取り)と言われるお酒です。

これを瓶に詰め、火を通して(2度)出荷されるのが一般的ですが、純米大吟醸「地雷也」限定本生は絞りたてに火を入れず、一般に蔵でしか飲めない味をご提供しています。

そのため本数は限定され、正月から2月初旬で終わります。

もうそろそろ完売です。

この後は火入れをしたお酒になります。

本生は麹の味や香りのが魅力です。

火入れしたものは、熟成が抑えられますので、香りも味も落ち着いた感じになります。

今年も去年と同様美味しくできました!

|

« あけましておめでとうございます! | Main | 純米吟醸 雪渡りは10日から »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 純米大吟醸「地雷也」 首つりって?中取りって何?:

« あけましておめでとうございます! | Main | 純米吟醸 雪渡りは10日から »