« まぐろの頬肉の炙り | Main | 稲の種まき!その1 »

April 11, 2007

宮城の県民性

夕べ、嵐の桜井翔が宮城の県民性を紹介したらしい・・・

ビデオに録っておけば良かった。。くやしい。

ネットで調べたら「伊達男ノンビリズム!宮城の田舎暮らし」タイトルのサイトを見つけました。堀江康敬さんが書かれてます。http://allabout.co.jp/family/countrylife/closeup/CU20070409A/index.htm

なるほどね~。田舎者と思っていないとか、のんびりしてるとか、合ってますね。

私も宮城県人ですが、宮城ののんびりぶりには驚きますよ。仙台市内で行われるセミナーに参加すると、オンタイムで始まった記憶がない・・・

参加者も遅れてきますから。。。仙台時間だから・・なんて言いますねよ。

いいのか、悪いのか・・・。アメリカのカルフォルニアと同じかな。。。

あくせくしてないっていうのは良いこところでしょう。(^^;)

確かに住みやすいと思います。いろいろな資源にも恵まれてますから。老後も良いけど、若い移住者の方も増えてるようですね。そこそこ都会、そこそこ田舎ですから。山や海のレジャーもあるし。温泉も!

移住するための情報、このサイトなかなか面白いです。

来てみら in 宮城http://www.pref.miyagi.jp/tisin/kouryukyojyu/index.htm

グリーンツーリズムもたくさん体験プログラムがあるみたいです。しかも安いです。

南三陸町の校舎を宿泊してるのもなかなか面白そうですね。ゴールデンウイークに良いかもしれません。

|

« まぐろの頬肉の炙り | Main | 稲の種まき!その1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 宮城の県民性:

« まぐろの頬肉の炙り | Main | 稲の種まき!その1 »