« 特大ふじつぼの酒蒸し | Main | みずの実 »

October 20, 2006

大間のマグロ入荷

あの大間のマグロが入荷しました。

「東京でも滅多にお目にかかれないのに~!」とお客様大喜びです!

東京なら1人5.6万くらいの高級なお店にしか入らないでしょう。

地雷也はそのマグロを食べ甲斐のある大きさの刺身で豪快に食して頂きます!

地雷也らしい、上品ではなく、豪快な食べ甲斐のある量です!

地元のお酒も冷やおろしや秋上がりが出る季節。熟成した味わいの日本酒です。

本物の日本酒の良さは、一年間で季節の食に合うようにできてる酒という事だと思います。

一つのお酒でも四季を通して味が微妙に変わっていきます。それが日本の四季の料理に合っていくんですね・・・日本酒って素晴らしいお酒ですね。

参考:

冬季に造られた酒は、火入れと呼ぶ加熱処理をしたあと、春、夏を越して半年の間、貯蔵・熟成されます。そして秋風の吹く頃、外気温くらいに冷えた清酒は、火入れを行わず、そのまま樽などの容器に生詰めして出荷されます。このことから「冷やおろし」と呼ばれるようになったようです。

しぼりたての時には荒々しかった味わいが、秋口には丸みを帯びて調和し、飲み頃となります。秋までの間の熟成によって酒の味わいがよくなることを「秋上がり」と呼んでいます。

こちらのページも参考にhttp://www.o-sake.net/dictionary/index04.html

|

« 特大ふじつぼの酒蒸し | Main | みずの実 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 大間のマグロ入荷:

« 特大ふじつぼの酒蒸し | Main | みずの実 »