« ほっとけない世界の貧しさ | Main | 月刊誌クラブハーレーの取材 »

September 07, 2005

ポール・マッカ-トニーも

今朝、ポール・マッカ-トニーのインタビューを見た。

ホワイトバンドしてました。

先日あるところでホワイトバンドがオークションで売られていると聞きました。

悲しい話です。ホワイトバンドを身につけるのは、この活動に賛同したからでファッションではないのです。もし賛同してるのであれば、身につけなくても3秒に1人の子どもが貧しさのなかでなくなっているという事実を多くの人に伝えましょう。

先進国が変わらなければ、貧しさはなくならないという事実を1人でも多くの人と話をすることが大切なのです。

グッズを買うことや身につけることが運動のすべてではないと思います。

仙台では売り切れと言われてますが、買い占めてネットオークションで売られてないことを願います。。

What Can We Do?

  1. 援助の方法を
    ちゃんと貧しい国の貧しい人達が、自分達の力で食べていけるような長い目で見た
    支援の方法に変えていきたいのです。
  2. 悪循環に完全にはまってしまっている国の借金を帳消しにしたいのです。
    それは、借金をさせた先進国側にも責任があると考えるからです。
  3. 今の貿易の仕組みを変えたいのです。
    富める国にはどんどんお金が集まる。
    貧しい国からはどんどんお金が出て行ってしまう。
    このような仕組みの現在の貿易の仕組みを根本から変えていきたいのです。

ほっとけない 世界のまずしさ

|

« ほっとけない世界の貧しさ | Main | 月刊誌クラブハーレーの取材 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ポール・マッカ-トニーも:

« ほっとけない世界の貧しさ | Main | 月刊誌クラブハーレーの取材 »