« August 2005 | Main | October 2005 »

September 23, 2005

月刊誌クラブハーレーの取材

DSC00452 先日、月刊誌クラブハーレーの取材を受けました。

掲載紙は クラブハーレーVOL.64 

2005年10月14日発売日です。

ライダーの憧れハーレーダビットソンの専門誌。

取材のお電話を頂いたとき初めてこの雑誌の存在を知りました。

雨宮さん、すみません。_(._.)_

一応、中型の免許は持っているのですが、バイクからはずいぶん離れています。

一時はバイク雑誌かなり読んでたんですが・・・・・

やっぱりかっこいいですよね~。

今月号を1冊頂いたんですが、読んでるとまた乗りたくなってきました。

でも・・・15年以上も乗っていない。怖くて乗れないかな。

すぐ転けそう。

しかし、値段も立派。私の愛車ムーヴの2倍以上^^;

そりゃそうだよね。スピードも出るし、安定性も良いだろうし。。。。

排気量もおよそ2倍だ~。

倒れても起こせないな・・・・

20才を過ぎて、親に内緒で中型免許を取得。

私が免許を取った頃、丁度兄も隠れて免許(大型)を取っていて、実家にバイクが2台もあるのが親は暴走族の家みたいだ。。。と嘆いていた。 20才を過ぎて暴走族はないでしょう~。(-_-;) 

バイク=族をイメージする世代だ。。。

親には無断でバイクを買う。

初めはオフロード、ヤマハのXL。これは車にぶつけられて、壊れたので、オフはやめて、ロードに。ホンダのV何とか。。。忘れた(^^;)そのころの人気車だった。

そのあとはバイクに乗るのをやめるならと、車を買う資金を援助してもらったので乗らなくなった。

結構、ツーリング行きました。。。楽しかったな~。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 07, 2005

ポール・マッカ-トニーも

今朝、ポール・マッカ-トニーのインタビューを見た。

ホワイトバンドしてました。

先日あるところでホワイトバンドがオークションで売られていると聞きました。

悲しい話です。ホワイトバンドを身につけるのは、この活動に賛同したからでファッションではないのです。もし賛同してるのであれば、身につけなくても3秒に1人の子どもが貧しさのなかでなくなっているという事実を多くの人に伝えましょう。

先進国が変わらなければ、貧しさはなくならないという事実を1人でも多くの人と話をすることが大切なのです。

グッズを買うことや身につけることが運動のすべてではないと思います。

仙台では売り切れと言われてますが、買い占めてネットオークションで売られてないことを願います。。

What Can We Do?

  1. 援助の方法を
    ちゃんと貧しい国の貧しい人達が、自分達の力で食べていけるような長い目で見た
    支援の方法に変えていきたいのです。
  2. 悪循環に完全にはまってしまっている国の借金を帳消しにしたいのです。
    それは、借金をさせた先進国側にも責任があると考えるからです。
  3. 今の貿易の仕組みを変えたいのです。
    富める国にはどんどんお金が集まる。
    貧しい国からはどんどんお金が出て行ってしまう。
    このような仕組みの現在の貿易の仕組みを根本から変えていきたいのです。

ほっとけない 世界のまずしさ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2005 | Main | October 2005 »