« September 2004 | Main | November 2004 »

October 21, 2004

高橋佳生「雪渡り」発売記念ライブ

昨日 台風の中 高橋佳生「雪渡り」発売記念ライブに行ってきた。

とても暖か~いライブだった。 
仙台市内のパークスクエアーというライブハウスは立ち見もでるほど満員だった。

高橋佳生さんは仙台の夕方の番組ではおなじみの顔だがお会いしたのは今年の2月に鳴子で純米の会純米吟醸「雪渡り」の発表会がはじめて。そのときに 雪渡りという曲もはじめて聴いた。
佳生さんも純米の会のメンバーでこの会の5期を記念して作った曲だった。良い曲だな~!とみんなが思った。
でも、CDにするつもりもなく、純米の会のために作ってくれた曲だった。

たまたま あるライブで歌ったときに偶然居合わせた業界の方がいいね!と言うことになり今回 (株)徳間ジャパンコミュニケーションズから全国的に売り出されることになったのだそう。

今回のライブでは17年前に仙台に移り住んだときの思い、その後東京に久しぶりに帰郷(東京)した時の思い、17年間の様々な思いが語られ、今は仙台が自分の街と感じると。。。。

そういえば、今年の2月 発表会のあと一緒に飲みながら、苦労話などを伺っていて佳生さんが、実は以前 地雷也さんにお邪魔した時、店のお姉さんに「あら!あのテレビに出てる高橋佳生さん!」って言われてとても助かったんです。と言われました。
佳生さんは東京時代の仲間と一緒だったそうで、あの一言で「仙台でがんばっているんだ~!」って仲間に顔が立ったというのです。すぐその話はスタッフにして、皆 お役に立って良かったととてもうれしく、自分たちの仕事の役割をまた発見した思いでした。

思えば五年前、地雷也で純米吟醸「雪渡り」を取り扱うことになったとき、友人から鳴子でがんばって新酒を造った青年がいるから会ってくれない?と言われ、緊張した面持ちの20代の若者二人、鳴子の酒店の5代目と三本木町の酒蔵の4代目にあったのがきっかけだ。地雷也は長年つきあいのある雪の松島がメインだった。隠居がなんて言うか心配だったけど、とりあえず会ってみることにした。1期を終えて今ひとつ鳴子では盛り上がらなかったそうで、そこでアンテナショップ的に仙台の飲食店に取り扱ってもらって、自分たちの味の評価を得たいとのことだった。
いざ会うと、二人の情熱に圧倒され、すぐに応援したくなった。条件は 仙台では地雷也だけの取り扱い、そして来期も必ず美味しい酒にすること。隠居の返事は以外にもあっさりOKだった。自分が若い頃から苦労しているせいか、情熱をもってがんばっている、孫のような青年たちを目を細めた気持ちで見ていた。

スタッフは、価格も安くない、デフレの真っ只中に売れるのかな~?とはじめは訝しげな様子だった。
ご提供の仕方はそれまでしたことのなかった「もっきり」としたのも抵抗があったようだった。

次の年、できあがってきた 純米吟醸「雪渡り」は輝いていた。 前期より美味しいと思った。
杜氏もがんばりました。とうれしげだった。ぜったい大丈夫、絶対売れると思った。
やはり、予定の本数は完売で鳴子の旅館さんへの割り当て分まで回してもらった。
当初 本数を決めるとき、2人は残っても良いですよと弱気だった。。。。。

今では、純米の会も入会者定員になり、入会待ちの方もいるとのこと、
身近な人が成長していくのはうれしいものです。

ライブを終えて、人のつながりの不思議や暖かさをしみじみ感じてしまいました。
佳生さんCDのヒットと今度の 純米吟醸「雪渡り」が楽しみです。
CDについては さとう音楽事務所 http://www.satoon.co.jp/ にお問い合わせください。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

October 18, 2004

良き言葉

前回 胸にドキ!で掲載した下田さんから 
2つ良い言葉を送って頂きました。

『この秋は雨か嵐かわからねど、今日の勤めに田の草をとる』二宮尊徳

とてもいいことを言っていると思いませんか。
米を作るのが自分の仕事であり、それが雨や嵐で収穫できないかも
しれないが、それを心配しても仕方ない。収穫するつもりで、
今日できることをちゃんとやって行こうという意味です。
 現在はいろいろなことが起こっており、日本経済も先行きが分から
ぬ状況となっています。このような時にあれこれと、先々のことを心配
だけしても意味の無いこと、この先どんなことになろうと、後悔しない
ようにするためには、今、出来ることを実行してゆくことが、いい生き
方になる。このような意味です。
そのような生き方をしていきたいと私も思います。

「よき人に近づけば、覚えざるに、よき人となるなり」正法眼蔵(道元禅師)

自分が素晴らしい人になるには、
素晴らしいと思う人と付き合いなさい。
そうすれば知らず知らずに、素晴らしい人になります。
という教えです。私もそう思います。
この方法はあまり努力をしないでいいという感じなので
楽に自分が成長します。
ただし、よき人に付き合うためには、
その人に感謝する事が必要な感じがします。

1つ目の言葉は 良く地雷也の創業者である伯父に、
私があれこれ先のことを心配していると、
「見えないお化けを怖がっているようなもの」と言われたのを
思い出しました。
2つ目の言葉は、なるほど。。楽なのかしら?
私にとってすばらしい人とは、努力と成長をする人
すばらしい人と出会っても自分が努力を怠る人間であれば、
縁が切れてしまいますね。

感謝と努力が大切なんだな。。。

下田さんに感謝!
しかし。。。下田さん 地雷也常連のI社長と
お知り合いだったなんて。世の中は狭い。
先日は満席ですみませんでした。 
早めの時間(7時前)にご来店ください~!!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

October 13, 2004

胸にドキ!

ついつい誰もが思う「めんどくさい」の気持ち。


☆仕事と言うものは、一次産業(農業漁業)二次産業(製造業)ならば、他人では作りにくいものをつくり、
第三次(サービス業)産業では、他人にはやりにくい、面倒くさいことをやってあげるものです。

したがって、仕事はもともと「面倒くさい」ものといえます。ということは、面倒くさいので、やれ
ないのは、仕事をしたくない、ということになります。

実は面倒くさいことは、殆どの人がやりたくないと思っています。
したがって、他の人と差別化できることになります。☆

(有)コスモマインド 下田さんのメルマガから☆抜粋しました。
http://www.cosmomind.net


これを読んで、あらためて面倒なことこそやらねばならないと思いました。
下田さんありがとうございます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 11, 2004

体育の日

今日は体育の日。

昔は体育の日は10日だったのに 11日なんて違和感。
小さい頃は10月10日は体育の日で市内の運動会で
地区対抗のリレーに出るのが多かった。。

そういえば、20代の半ば 実家に久しぶりに帰ると町内のおじさんが、
久しぶりに走ってみない?なんて言われ、
ちょっと良い娘ぶりを発揮しOKしてしまった。

たしか、年代別に走って第4走者だったような?
いざ走るとなると負けるのが悔しい。
200Mを走るのだが、3位でバトンを受け取り一人抜き、
もう一人と思ったら、100Mを過ぎたら息が上がり
足はあがらなくなってきて、2人目がなかなか抜けない。
しかし、昔の意地がある、最後の力を振り絞り
やっとの思いでバトンタッチ、2人目と同時ぐらいだった。

ああ~その後、心臓はバクバクで顔は蒼白! 死ぬかと思った。
よく日頃運動不足のお父さんが子供の運動会に参加して
頭から転ぶ姿。なぜなのかが良く分かった!
気持ちだけが前に行って、体がついて行かない。
翌年の誘いは丁重にお断りして、それ以来、リレーには参加してない。

今日からワォーキングを始めた、昨日の「あるある」で
ピーマンのおしりの話がでたので、近所のお寺の階段を上ることにした。
目指せ!ピーチ尻!


Continue reading "体育の日"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

October 09, 2004

昨日のslabo

昨日 Slabo のセミナー

遠藤さんのバーチャルリアリティの世界の話だった。

話を聞いてこれからまだまだ可能性のあるツールだと思った。

ブロードバンドが進んできたので、こらから急速に広がるのでは?と思いました。。。

昨日はそのみちゃんとこだわり社長に会いました。
二人は楽天のサイトに ブログを書いているのね~。

仙台の球団はどちらの会社のなるのかしら?
2社 共同でなんて無理かしらね~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 08, 2004

昨日のOH!バンデス。

きのう、放送のOH!バンデス。店長が出演!


宮城特産の金華さばのしめさばを浮ヶ谷さんに食べていただきました。

いや~! テレビって太って見えるよな~!!
浮ヶ谷さんはテレビ見るより痩せてて、小さかった。

俺ダイエットする!!!

妹の私は、もう何年もそのせりふを聞いてるけど、年々貫禄が増してると思うけど。。。

放送後、皆さんからお電話や問い合わせがありました。
ありがとうございます。

偶然にも、「仙台モーカル」でご一緒のペットショップ ハバナデーさんもご出演でした。
私も娘(柴犬3歳)を連れて時々お邪魔してます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 01, 2004

OH!バンデスとるるぶの取材

いよいよ10月

先月末、宮城テレビ OHバンデス旅行誌 るるぶジャパンから取材を受けました~。
とてもありがたいです。

OH!バンデスは宗さんの番組で地元の話題が満載の番組。
るるぶは どこの書籍店でも必ず置いてある観光ガイド誌ですよね。

OH!バンデスは金華山沖で獲れる金華鯖の取材。これが脂がのってとてもおいしい。
地雷也では、さっぱりとした、シメサバを紹介しました。

るるぶは キンキについての取材でした。
冬 海鮮グルメの特集号で首都圏でのみ発売されるそうです。

どんな形で紹介されるのか楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2004 | Main | November 2004 »