2018/08/02

第66・67回 株式会社 ほの香 代表取締役社長 高橋 周平さん

今回ゲスト
株式会社ほの香 代表取締役社長 高橋周平さん
第66回はほの香さんのお店の話や好みのコーヒーの選び方など、
コーヒーの楽しみ方を伺いました。

ほの香 http://honokacoffee.com/

 フェイスブックhttps://www.facebook.com/honokacafe/
Photo 第67回は高橋さん達の活動

コーヒーフェローズの活動について伺いました! 勉強会やコンテスト参加の話などを伺いました。

コーヒーフェローズhttp://coffeefellows.strikingly.com/

こちらにも高橋さんやコーヒーフェローズの事が紹介されてます。

近々コンテストもあるとのこと、影ながら応援したいと思います。

放送内容には無いのですが、たぶんお店を始めたお母さんと私は同世代くらいそんなお母さん影響でしょう。

仙台、昭和の喫茶店文化などの話が出来てとても楽しかったです。本にでもして欲しいな~。などと話をして盛り上がったのでした!

日本酒の話「曜平さんに聞いてみよう」コーナー 其の六

今回は先日行われた全国大会に向けたきき酒選手権宮城県大会のお話をして頂きました。

★曜平(佐藤曜平)さんは宮城県の北部、栗原市金成町にある お料理と共に記憶に残り、気楽に飲んで頂けるお酒、 銘柄は日輪田と萩の鶴の醸造元 >創業177年の株式会社萩野酒造の8代目!

FMたいはくはサイマルラジオでもお聞き頂けます。 http://csra.fm/blog/author/fmtaihaku/

2018/06/15

第64回・65回 (株)ライフブリッジ 代表取締役 櫻井亮太郎さん

平成30年6月21日と7月5日 午後5時半からのエフエム太白(78.9Khz)
「KUROの食とお酒とHappy サスティナライフ」の放送は。


今回は宮城県へ 外国からの集客を推進するためのインバウンド事業を
主にされていらっしゃいます。

株式会社ライフブリッジ 代表取締役 櫻井亮太郎さん

ホームページはこちら 
Sakurai
外国人のお客さまへの英語での対応の研修はとてもわかりやすく、面白いと評判です。 
そんな楽しいお話をして頂いています。
後半は海外向けに、宮城・東北を中心に国内を紹介するユーチュバーの話を伺ってます!




日本酒の話「曜平さんに聞いてみよう」コーナー
今回は酒造り。宮城オリジナルのお米や酵母などのお話です。
お楽しみに!
★曜平(佐藤曜平)さんは宮城県の北部、栗原市金成町にある
お料理と共に記憶に残り、気楽に飲んで頂けるお酒、
銘柄は日輪田と萩の鶴の醸造元
創業177年の株式会社萩野酒造の8代目!

サイマルラジオでもお聞き頂けます。 

 

2018/06/08

日本酒の話「曜平さんに聞いてみよう」 その弐

6月7日の 日本酒の話「曜平さんに聞いてみよう」 は宮城県酒造組合が行った、純米酒造りに特化していった経緯などの話でした。

みやぎ・純米酒に県宣言は昭和61年11月1日に行われました。組合加盟52社(現在加盟は25社)がササニシキ100%使った純米酒を造り、これを通して、いい酒・うまい酒造りに努めることを約束しますとマスコミを通じ宣言を発表したのです。
これは業界的の驚かれてたそうです。それまではお酒造り用の米、トヨニシキで作っていたのに、ササニシキ、飯米で、純米酒の酒造りをするという宣言なので、ちょっとあり得ないでしょう。と思われたようです。「馬鹿じゃないの?」的な雰囲気が有ったそうです。
事実、たくさんの苦労があり、最近話題になりましたが、宮城県が全国のお酒の鑑評会で金賞受賞率が日本一になったのは、この宣言後どの蔵も努力を重ねて来たからなのです。
Photo

2018/05/17

日本酒の話「曜平さんに聞いてみよう」 その壱

平成30年5月17日放送のエフエムたいはく「KUROの食とお酒とHappyサスティナライフ」から

日本酒の話「曜平さんに聞いてみよう」のコーナーが始まります。

日本酒のこと 特に宮城のお酒を知って頂き、親しみを持って、より楽しんで頂けるよう蔵元の曜平さんとKUROで出来る限りわかりやすく、ゆるゆるとお伝えできればと思っています。

ここで、曜平さんのご紹介をしましょう。

佐藤曜平さんは  宮城県の北部、栗原市金成町にあるお料理と共に記憶に残り、気楽に飲んで頂けるお酒、銘柄は日輪田と萩の鶴の醸造元 創業177年の萩野酒造株式会社の8代目宮城最北になる蔵元さんです。


第壱回目は宮城の日本酒の歴史、時代背景などを中心にお話して頂いてます。
最近は減った、桶売り・桶買いが、昔は蔵の技術の向上に寄与していたとのこと
蔵元さんだからこその、興味深いお話でした。

確かに桶売り・桶買いが多い時代は、蔵元さんは造りに関係するのは難しい時代、良い杜氏さんを雇い、信頼関係を大切にして、共に商品をつくり、その商品を大切に販売するのが蔵元の力と言えたのかも知れません。

酒造りは杜氏さんの仕事で、造りについては秘密だったことも多かったでしょう。
今は、蔵元杜氏も多くなり、蔵元も造りに関わる時代。
個人的には、今が、日本酒史上最も美味しい時代だと思っています。

日本酒の話「曜平さんに聞いてみよう」はこれから毎回続きます! お楽しみに!

エフエムたいはくはサイマルラジオでもお聞き頂けます!

Yohei_2

写真は友人の漫才コンビ にほんしゅの番組 TOKYO日本酒Labのパロディーです。 
内輪ネタで、申し訳ない ! TOKYOに負けないぞ~!!(笑)

2018/04/16

60.61回のゲストは(株)ゆいネット&(株)たびむすび社長 稲葉さん

早くも 60.61回目の放送。。。カミカミの素人ながらもどうにかココまで。やっと少し自分の声を聞くのに慣れと諦めがついてきました(笑)

さて今回のゲストは48回目と49回目にもご出演頂きました、株式会社ゆいネットと株式会社たびむすびの代表取締役 稲葉雅子さん

Photo

写真は 収録後 エフエムたいはく 近くのレストラン 「びすたーり」 にて。長いつきあいなので、ラジオでは話せない話は尽きません。(爆)(ふたりともアルコールなしです。)

以前の放送をお聞きになっていない方のために、

稲葉さんは私の十数年来の友人で2000年に株式会社ゆいネットを設立され、のち、2011年に株式会社たびむすびを設立されています。

前回は18年前の起業のきっかけや女性が起業する大変さや難しさなどの話をして頂きました。そして、その経験から

起業される方 向けの「ちっちゃいビジネス応援塾」を開催され、震災後にその塾を再開される時のエピソードをお話下さいました。

今回は以前ご出演の時に少し伺った。震災直後に設立された株式会社たびむすびについて詳しく伺いました。

以前ご出演の時

株式会社たびむすびは震災直後で仙台は落ち着かない時期の2011年6月設立、その時期に旅行会社を興すのは抵抗はあったが、さまざまな方に励まされ、震災向けのツアーなども行い、みやぎ・仙台の良いところを伝えたいとの思いがあり始まったとのことでした。

今回は、震災から7年経った今の被災地の状況などを伺いつつ、まちあるきツアー「仙台ふららん」について詳しく伺ってます。

お楽しみに。

放送は、第60回 平成30年4月19日 第61回 平成30年5月4日 午後17時半からです。

エフエムたいはく 78.9Khz サイマルラジオはhttp://csra.fm/blog/author/fmtaihaku/

2018/03/13

58回・59回のゲストはホヤ愛・塩竃愛に溢れたブンさんです。

今回のゲストはみなさんからは、文(ぶん)さんと呼ばれる、ホヤ愛・塩竃愛にあふれたとても気さくな方!!

今は「ほやしゃぶ」普及に全力投球されている

塩竃の蒲鉾屋(マルブン食品)さんの三代目の佐藤文行さんです。

ホヤは出荷の8割は宮城県産です。

旬の一番美味しい時期のホヤを冷凍して、ホヤの新しい食べ方を提案されています。
生で食べても美味しい地元民にとっては、冷凍って新しい食べ方ですが。とても美味しいです!ホヤは苦手だと思っていた方ほど、食べ易いと感じていただけるのではないでしょうか?

ホヤって、認知症の予防にもなる成分(プラズマローゲン)があるそうで、東北大学の宮澤陽夫先生が論文を発表されてるそうです。ホヤ食べなきゃ!

58回(平成30年3月15日放送)は

主に冷凍ほやとほやしゃぶ愛好会について伺いました。
https://www.facebook.com/ほやしゃぶ愛好会-314245725711919/

リクエストはビリージョエルのピアノマン こちらは東京のライブの様子です。



59回(平成30年4月5日放送)は

平成30年4月14日から塩竃で行われるベネチア湾と松島湾の奇跡

港町の画家ルイージ・ディヴァリ作品展についてのお話を伺いました。

イタリアと宮城の400年前のご縁がもたらした作品展です。

開催は2018年4月14日(土)~4月24日(火)10:00~18:00(土日は17:00)

場所エスプ塩竃ギャラリー (JR東北本線 塩竃駅前)

その経緯が鳥肌がたつような出来事で、偶然ではなく、必然と思えるご縁だったのです。

是非お聞き頂ければと思います。

リクエストはエレファントカシマシ「今宵の月のように」

KUROの食とお酒とHappyサスティナライフの放送は毎月第1と第3木曜日17時半からです。

エフエム太白はサイマルラジオでもお聞き頂けます!http://csra.fm/blog/author/fmtaihaku/


文(ぶん)さん、素敵なお話を有難うございました!
ほやぶんブログ

2018/02/15

2月15日と3月1日放送のゲストは関口先生

あこがれの女性 子どもの創造表現空間「ハート&アート空間ビーアイ」主宰の関口怜子先生をエフエムたいはくのスタジオのにお招きしてたくさんの話を伺いました!

先生のパワフルで自由な発想と温かさは、教え子の一人である私は憧れでした。

今やあのころの先生と今の私は同じ世代になって。。。

なかなか追いつけないな~。

Sekiguchsensei_2

関口先生は

1987年にこどもの創造表現空間「ハート&アート空間ビーアイ」を設立され、31年以上、こどもの創造力を豊かにする場所、美術教室?といっては表現しきれない空間を主宰されています。

先生ご自身はお湯のない温泉と称されてましたが(笑い) 

「だれの心にもビタミンビーアイ」ってう言ったお子さんも居るそうですが、

ピッタリだと思います!

ご著書に「子どものためのワークショップ」がブロンズ社から出版されています。

また、地域情報紙「仙台っこ」にぞうかば雑談(ぞうだん)を連載中で、

ぞうかば先生としても有名でいらっしゃいます。

放送日は2月15日・3月1日の夕方5時半からです。

創造表現空間「ハート&アート空間ビーアイ」電話022-262-2969

エフエム太白はサイマルラジオでもお聞き頂けます!

http://csra.fm/blog/author/fmtaihaku/


2018/02/01

今年初の収録は

地雷也の提供「KUROの食とお酒とHappy サスティナライフ」の初収録は1月9日でした。 放送日は1月18日と2月1日でした。

ゲストは純米の会 事務局 鳴子川渡温泉駅前 高橋酒店の5代目、イラストレーターでもあり、イクメンな高橋佳弘さんと株式会社新澤醸造店 代表取締役で杜氏の新澤巌夫さん(主な銘柄はあたごのまつと伯楽星、三杯目がうまいと言う、究極の食中酒やフレッシュローテーション・精米歩合限界の日本酒など。日本酒の新しい価値を提供し続ける蔵元) 雪渡りが出来るまでのことを前半に。

Yuki141_2

そして、後半はこのエフエム太白の毎月第4土曜午後12時半から「仙台100万気分は最上(サイジョー)」のパーソナリティでもあり、アラバキロックフェスでは新澤さんのお酒を若者に広め、郷土愛・日本酒愛にあふれる 雪渡り 応援団長の小林守さんを交え、純米の会の19回目と20回目についての座談会。

Yukiwatari

食事をしながらの座談会は3時間以上に及びましたが、内容はとても濃く、素敵な話がたくさんでしたが、一部だけのお届け、時間に制限があるのと本音トークだらけで。。。放送自粛(爆)

お酒って、30分過ぎると酔ってくるんだな~(笑)
新澤社長と知り合ってもうすぐ20年。
この20年間のプレシャーや困難を乗り越え、努力を重ね、培われた、お酒造りへの熱い、熱い 情熱を感じる、とても充実した座談会となりました。 
有り難うございました。
 

リクエスト曲は桑田佳祐さんの Let’s try again kuwata.ver と高橋佳生さんの 「雪渡り」と「復活の唄」をお聞き頂きました。

純米の会へのお問い合わせは 
鳴子・川渡温泉駅前 高橋酒店 電話022-9-84-7325

エフエム太白はサイマルラジオでもお聞き頂けます!http://csra.fm/blog/author/fmtaihaku/