2012/09/12

早くも昨日で1年半。。そして9.11 から 11年が過ぎたんですね。

なんとも不思議な時間が過ぎた。

3.11も9.11も画面で見ると映画のような世界に思える。

3.11の映像は悲しい感情より、ただ涙がでくる。

昨日、以前から気になっていた喫茶店(最近はあまり聞かなくなった言葉ですが)
あまりの暑さに寄り道をしてアイスを食べてきた。

そういえば、
この1年半寄り道をするなんてなかったな~。

自宅が会社に変わった事が一番の原因だったけど、目的に向かうこと、今 出来ることをただ一生懸命に!与えられた人生を出来るだけ頑張ろう!そんな気持ちがこの1年半は強かったのかな。

優先順位重視で、時間を使うことを考えていた。

昨日おじゃましたお店は割合とシニアの方が多く訪れるお店のようで、時間がゆったり流れてた。。。なんだか久しぶりだった。

そこに置いてあった絵本を買ってきた。
宮城出身の作家さんのもの、しかも津波に遭った山元町の海が題材。

作家さんの思い出の詰まった、おばあちゃんの家も流されたそうですが
私も友人宅へ遊びに行った時の事や地元の海で遊んでたことを思い出した。

友人宅は流され、ご両親も失ったのですが。。。

震災以来、地元の海岸線に近づけない私の肩の力が少し抜けたような。。。

思い出さないようにしていたのかな。。。

懐かしく、楽しい海の思い出を久しぶりに思い出させてくれました。


うみにあいに

2011/11/16

愛ねぇ~。カレ 夫  男友達

先日偶然見たNHKのドラマ。

カレ 夫 男友達 
サイトはこちらhttp://www.nhk.or.jp/drama10/kare/

すごい内容だったな~。 展開が気になるのですが
毎週コンスタントに見るのは無理だな・・・

主人公の治子が プロポーズの返事をしたときの台詞・・・ドキッとしたな。。
「どうしてこのままじゃいけないの?」

若かりし頃の私。。。同じ事を言った覚えがある。

昨日読んでいた本に E.フロムの本「愛するということ」からの引用があった。
ちょっとメモっておこう・・・ちょっとややこしいのです。

「愛する」という行為は人との関わりの行為であり、相手を労り、理解する、譲るなどの行為。一時の情熱の愛とは区別する。情熱の愛は羨望、嫉妬、野心、貪欲などの受動的な感情。

「愛」そのものは行動で人間的な力の実践、自由で能動的な活動。
愛は与え、自分の中に息づいてるもの、自分の歓び、興味、理解、知識、ユーモア、悲しみなどあらゆる表現を与えること。
自分の命を与えることによって、他人の生命感を高める。期待はしないが、他人の中に何かが生まれ、自分に返ってくるもの。

;:゙;`(゚∀゚)`;:゙ ちょいと難しいね~。

愛の基本要素
1.配慮:愛するものの生命と成長に関心を示し、積極的に関わること。
2.責任:義務よりも自発的に愛する相手のニーズに応答すること。
3.尊敬:恐れでも畏敬でもなく、愛するものをあるがままに見、その特異な個性を知り、尊重すること。
4.理解:相手に対する関心や配慮によって動機づけられ理解すること。

 何となく分かったような。。。(A;´・ω・)アセアセ

家族の発達についても興味深かった。
第1段階(新婚期):親密性と幻滅感
第2段階(出産育児期):養育と閉塞感
第3段階(学童をもつ家族期):家族の個性化と擬似相互性
第4段階(子どもが10代期):友愛感と切り離し
第5段階(子どもが巣立つ期):再編成と束縛又は追放
第6段階(親の役目終了期):夫婦関係の再発見と落胆
新婚時代に棚上げにした問題に再び直面する時期だそうです。
第7段階(加齢と配偶者の死の期)相互扶助性と絶望感(落胆)
現代は血縁をはなれ、次世代を育てていく広い意味の祖父母が求められていると。。。

私の周辺は

第6段階と第7段階が多くなってますね。。。

詳しく知りたい方は図書館でも借りられるかも?

買うには勇気のいるお値段ですね。。。。。。(@Д@;

2011/10/18

震災から7ヶ月 久しぶりに書いてみようと。。。

なかなかブログを書く気持ちないなれないこの数ヶ月。

仙台の復興は進んでいるのか、いないのか・・・。

市内のあちこちではビルにカバーが掛けられ修復が進んでいます。
弊社でも表の修復しようと考えたのですが、人手が足りないとのこと。
下手に知らない企業に頼んでも危ないとの事だったので地元の歴史のある中堅企業にお願いすることにしました。
工事は来年かな。

日々考えることは多いのに日にちだけが過ぎていく感じです。
仙台の繁華街はにぎわっていますが、一時のようなバブルぽい感じからは少し落ち着き始めてるようにも思います。

男性の方の姿が多いので、たぶん出張や復興関係の仕事で来仙されてる方達も多いのでしょう。特に仙台駅周辺と国分町は多いようです。

私の住んでいる住宅街、市街地から自転車で20分くらいのところですが、新しい住人が増えたと感じます。震災後移り住んで来た人たちと思われます。

子ども達が増えました。

ちょっと寂しい話なのですが、ここ数ヶ月気になっていた男性のことです。
震災後、良く見かける様になった方で、近所の小さなアパートに住み始めた40代後半~50代前半の男性です。いつも秋田犬の散歩をしている方でした。

お見かけする当初はその可愛いい目をした、おとなしい秋田犬をとてもかわいがり、散歩していたのですが、だんだん秋田犬を叱っているところを見かけるようになりました。
手には酎ハイの缶を持たれてることも多く、コンビニの前で見かけることが多くなりました。
一度、コンビニ前でそのわんこに話しかけようとしたのですが、おじさんの様子を見ると、気軽には出来そうもない雰囲気で断念しました。

先日、近所のコンビニを通りすぎると少し酔っているようなおじさんの姿が、
コンビニ近くで用事をしてると、すこし揉めてる声が。。。戻ってくると
あのおじさんとわんこと近所のおばさんが椅子に座ってお巡りさんとお話中。
お巡りさんも捜査と言うより、世間話をしているような感じでした。

沿岸部で秋田犬を飼っていたのかな? 
ということは大きいお家に住んでいたのではないかな?
家族はどうしたのだろう?
徐々に変化していくおじさんに何かしてあげられることはなかったかな。。。?
と思たりもしたのですが。難しいだろうな。

きのう、しばらく見かけなかった秋田犬をコンビニの前で見ました。
車で通りすぎたので誰が連れているのかは分かりませんでしたが。
あのおじさん元気になってると良いんですが。

震災後、必死でみんな頑張ってるですよね。

でも。。。どことなく心は晴れない。
やっぱり、心底笑うにはまだ時間が掛かりそうです。

でも、笑顔は忘れちゃいけないよね。

2011/07/04

え? 脅し? 松本復興大臣様 

なにもしないぞ??


書いたらその社は終わり???

酷い、今は何時代?

あっぱれ! 東北放送!!!

2011/06/16

三ヶ月が過ぎました。

夢のような3ヶ月が過ぎました。

この間 長年の重荷を下ろし、新たな重荷を背負うことに。。。なったかな

長年の重荷に比べ、新たな重荷は前向きで、期限が決まっているので
精神的負担は以前と比べれば、だいぶ楽。。。

新たな出発。

震災でいろいろ変わったことが多いですが、
私の周りは前向きです。
この震災で新たな宮城、東北、日本が生まれるのではないかと期待してます。

数年後の宮城は今の宮城と違う。
新たな価値を持った存在の宮城になっていると考えている人たちが多いです。

与えられた環境に立ち向かって生きたいと考えている人たちが多いことが
私を力づけてくれます。


2011/03/22

僕たち待ってます!!

この震災に遭って、迷子のペットが保護されてます!

こちらのサイトです。http://ameblo.jp/hirasaya/entry-10834443144.html

お迎えよろしくお願いします。

2011/03/18

本日地元の避難所へ

閖上で生活して、働いていた同級生に連絡してもつながらない。。。

地元の友人からどこの避難所にも居ない、数カ所回ってないので
ガソリンがあるならまわて欲しいと連絡があり、今日3カ所回った。

居ない。。。。。。。。。

彼女は母一人子一人で、親戚も閖上。お父さんとお母さんはだいぶ前に離婚して、お父さんは亡くなっている。

母方の親戚も閖上。

体があっても、親戚に見つけてもらえなければ、無縁仏になる。

そんなことは友人として絶対嫌だ!!

友人と彼女の家に行ってみようと閖上に向かったけど通行禁止。

居ないとは思うけど安置所に行って見た。

何体も見た。みんな今にも起きてきそうな感じ。。。

条件的に否定できない、遺体が。。。。。

いっしょに行った友人は違うよ。。。と

でも、2人とも絶対違うと言えない。。。

とりあえず、かもしれないと警察に届けて、帰宅。

帰りながら。。。もし違ったら彼女怒るだろうね~。
でも、連絡をよこさない彼女が悪いよ!きっと違う。
などと友人と話しながら帰ってきました。

早く友人に会いたい。。。間違いだったと笑いたい。

連絡待ってます!

2011/03/15

震災お見舞い申し上げます。

私は今日は自宅で過ごしてます。

昨日まで水を確保したり、近所の老いた伯父夫婦のサポート
店のこと、スタッフの事などバタバタしてました。
スタッフの家族が見つからない者がいますが
スタッフは無事のようです。
 
わたしも家族とは連絡できますが、
なとり、亘理 山元、石巻など友人達とはまだです
元気で再会できると信じてます。

自宅には独り暮らしの実家の母と犬が

3日目から過ごしてます。
自宅は3日目の夜に電気と水が戻りましたが
昨日はタンクの水がなくなり断水してました。

母はやっと夕べ熟睡したようです。
大きな余震でも起きませんでした。
 
おかげで私は彼女のいびきで眠れませんでしたが、
彼女が元気になってきたので安心です。
迎えに行ったときの彼女はかわいそうでした。
 
犬はよく分かってるらしくとてもお利口で助かってます。
余震が来ると不安そうに、常に私か母の側にいて
離れません。

早く余震(10分に1回ぐらいかな?)が収まって欲しいです。
津波に襲われたところを考えれば
わたしは自宅の布団で眠れることに感謝です。

今も避難所に居られる方も多数、何も出来なくてもどかしいですが
自分たちも生きていくために頑張っているような有様。

知人、友人の行方を捜すのも現場に行くしかなく、ガソリンも不足でなかなか動けません。
テレビで同じものの繰り返しではなく、
避難所の皆さんのひとり一人の顔やメッセージを伝えてもらえると有り難いのだが。。。
 
皆さん、疲れに気を付け、希望をもって頑張ろう。

2011/03/01

女性の仕事

夕べ、友人たちが1月生まれの私と3月生まれの友人のために誕生会を開いてくれた。

総勢6人、美味しいものを食べ歩く仲間。随分長いつきあいになりました。

いつもリーダーの隊長は素敵な花束をプレゼントしてくれます。自宅の窓辺に飾りました。私の大好きなユーカリの入った素敵な花束。いつもありがとうございます。

きのうの話題は転職した友人の話が主な話題になりました。

美味しく、楽しい食事ではありましたが、私はいろいろ考えました。

会話の中で趣味が仕事になれば良い。。という話になったんですが。
女性同士の会話では良く出る話です。

しかし、私はいつも違和感を感じる。

私が今の仕事に就いて18年が過ぎました。
当初こんなに続けるつもりでは無かったんです。 

以前にも書きましたが、伯父が事業的に大変だったので、短期アルバイトの予定でした。

今もいろいろ大変な事はつきませんが、それを乗り越えるのが楽しいと感じることややりがいも感じるようになっています。結構大変だけどね

働きだし始めの3年間ではとても考えられませんでしたが・・・(笑)

仕事は長くやって見ると、趣味のようになる。と夕べの会話の中でも酔って話してましたね。(偉そうに・・・

そんな会話のせいか
帰宅してから、女性にとっての仕事について思いを巡らし。。。
すこし眠れませんでした。

仕事って、
自己表現の場であり、自分の存在価値の確認のひとつ。

男性も女性もだよね。。。

以前は家庭が多くの女性の存在価値の確認の場所だったけれど、もっと家庭以外の社会貢献を望む女性が増えてるんだな。。。などと考えながらウトウトして眠りました。

今朝起きてからも、社会貢献か・・・と考えていた。

そしてアマゾンから届いた本。
昨日同席した友人のブログで紹介されていて、興味深く読みました。
先ほど届いたばかりですが、1時間ぐらいで一気に読んでしまいました。

宮城県の小さな街の経営者の方の本です。


弊社の考え方と一緒で、すごくホッとしました。

最近は世知がないニュースばかりの世の中ですが、

やっぱり小さい会社では従業員とお客さまの幸せを一番に考えて行くことが大事。

取引先との関係についても一緒だ~!!

私の社会貢献って スタッフとお客さまの幸せに貢献することなんだって
とても気持ちがす~っと楽になりました。

そして、どんな仕事でも、求められている場所でベストを尽くす。それが他人から認められようが、られまいが、社会貢献だと思う。

認めたれることにこだわって、良い自分も、悪い自分も

自分でOKが出せないとしんどいよね。

出来ない自分も、出来る自分もあり!だよね。

あれ、なんでだろ?処理しきれない思いがあったのね~

すっきり~。

脳のCPUを増設したいと思うこの頃~~。

最近酔うと自分の思いの表現が上手くできなくて。。。苛!とする事がある。

ああ~やばいな~。

歳のせい??? もともと足りないのか? 

2010/10/28

1万円の重み

最近のインターネット関係の営業は電話で突然だったり、メールで一方的。。。

弊社の様な零細企業では 1万円をお客様から頂くための努力は結構簡単ではありません。

しかし、月1万で、広告が出来ますよ。。。ネットのサイトでは当たり前の様に言われるようになったこの頃。。。。費用対効果から安いと思いますよ。

ネットは大手も零細も一緒のはずだったが、最近はお金を掛けると効果が増える。

検索ロボットの功罪かな?

最近感じるのは、相手の方の言い方がこちらがネットに詳しくないだろうという事が前提で話してくる事もある。たいして詳しいわけではないが、それなりの知識がありそうだと感じるからか、電話の向こうの相手の声が変わる。

確かに、うちの業界、あまりネットに詳しくない方が多いのは事実だけど・・・。

なんだか。寂しいな。

より以前の記事一覧