2012/09/18

秋の味 はらこ飯を食べに亘理へ

Dsc_0720_3

きのうは夏バテ気味の体に栄養を補給しなければと、仙台から車で約1時間の亘理へ、はらこ飯を食べに行ってきました。

東部道路を使うと30分で行けます!

亘理に行くのは何年ぶりだろう~。10年以上行ってないかも・・。

高速道路がこんなところまで通ってたのすら知らなかった。。。便利です。

そして、震災3日後に見て以来の沿岸の風景を東部道路から見ることが出来ました

東部道路を挟んで、東は震災のため荒れ地、西は稲がもうすぐ刈り入れを待っている風景。。ちょっと切ない。

はらこ飯、美味しかった~。

幼い頃、私の実家ではこの季節になると父が作ってくれました。

はらこ飯は鮭を1尾丸ごと捌いて作る料理なので男の料理になっていたのでしょう。

地元でも宮城県の仙台の南、阿武隈川近辺の名取、岩沼、亘理、坂元などでは家庭の料理ではないでしょうか?はっきりは分かりませんが。

私の実家は名取なのですが、中学校の職員室で美術の先生が作っていた記憶が・・・・・

考えてみれば、外食で食べた記憶はあまりないですね。。。

今、亘理でスタンプラリーという形ではらこ飯の食べ歩きのイベントがされています。

亘理観光協会のサイトhttp://www.datenawatari.jp/index.php?id=56

これは田園というレストランのはらこ飯、美味しかったです!

小鉢やみそ汁などが付き、1500円、ボリューム満点で大満足!

懐かしい味でした。

田園 食べログhttp://tabelog.com/miyagi/A0402/A040204/4000206/

震災前は海の近くに何件か有名なお店がありましたが、すべて流されてしまったようです。

きのう食べた田園の近くに、「浜寿し」さんが新しく店舗を構えていました。

浜寿し 食べログhttp://tabelog.com/miyagi/A0402/A040204/4000210/

行ったときは休憩中で食べられなかったですが。。。がんばってらして良かったです!

 

2011/11/29

日本産のインディカ米・・・でもいいかも?

先日、うるち米で作られた米粉パスタを買ってみた。

もちもちして美味しいですよと。。。でも・・・
パスタではないよな~。 もちもちしすぎて若干違和感すら感じる。

ヤッパリ ベトナムのフォーでしょ。って思っちゃいました。

米粉パンはもちもちして好き、米の甘みも良い感じで出来たけど。。

パスタは・・・
もしかして、インディカ米で作った方が美味しいのではないか?と
でも、ヤッパリ、フォーか?(^-^;

以前、宮城の試験場で加工用の米の品種を開発中って聞いたけど
温暖化だし、TPPの問題もあるし、輸出用にインディカ米を日本で稲作する可能性もあっても良いかも。と思いながら米粉パスタを食べました。

日本のうるち米で作ると結構割高だし、米の味が出ないからもったいないと思う。

2009/06/03

お陰様で 合格! ワーイ! (v^ー゜)ヤッタネ!!

再試験の結果が本日届きました!

無事、合格! ホッとした~!!

おもったより高得点での合格でうれしい~!

良かった~。自信なかったんですが・・・

これから、和酒の魅力を伝えるお仕事がんばります!

皆さん宜しく!

2009/03/12

勉強中。。。全然酔わない

ふ~!我が家にこんなにアルコールがあるなんて・・・。

P1030142

飲んでません、テイスティングです。

舌がビリビリ、クシャミ出まくりです!

2008/11/29

創業45周年 スペシャルです!

今年の春から準備をしていたギフトセット

山あり、谷あり、友情に支えられできたギフトセット

宮城県大崎市で醸してる酒には大崎の食材でと考えて今回のギフトになりました!

創業45周年記念 純米大吟醸「地雷也」スペシャルギフトセット

純米大吟醸「地雷也」は通常販売はしておりませんが

以前からお客さまからのご要望が多く、今回販売元さんのご協力を得て、ご自宅でも創業45周年を祝って頂ければと思います。

特別価格4800円  60セット

純米大吟醸「地雷也」は6年前から、宮城県大崎市三本木町の新澤醸造店の若き杜氏に仙台、地雷也自慢の「特大キンキの炭火焼き」に合わせて醸して頂いているお酒です。

特徴は塩と脂に合うお酒です。
新澤杜氏の酒造りのコンセプトは「究極の食中酒」、
その食中酒でも1つの料理に合わせて醸したユニークなお酒です。

スペシャルギフトセット内容 
(詳しい内容は http://www.jiraiya.com/pc/kome/giftset.htm)

 ☆純米大吟醸「地雷也」720ml 1本
 

鬼首産 原木栽培 なめこ又はむき茸 400g 1缶                       (味が濃厚で美味しいです。地元のみ市場に出回ってません)

☆よっちゃん農場よっちゃん南蛮180g(お手軽サイズ)

☆☆☆純米大吟醸「地雷也」が届いたら・・・・、

☆冷やし、落ち着いた頃に瓶を上下に軽く振ってお飲みください。

☆肴はキンキの塩焼きがベストですが、
脂の多い塩焼きの魚、天ぷらを塩で、または塩で食べるトロの炙りなど、塩、脂、生臭みのある物とお飲み頂きますと発見が有り楽しめると思います。

☆1日で全部飲み終えず、数日冷蔵庫で保存して頂き、
大根おろしとなめこ又はむき茸によっちゃん南蛮をかけてたものを肴にお飲みください。

今年の純米大吟醸「地雷也」はより一層、日本酒の奥深さが楽しんで頂ける日本酒ではないかと思います。個人的に数年冷所に保管して飲んでみるのも美味しいお酒ではないかと思います。我が家の冷蔵庫でちょっと試してみようかと思っています。

60セットですので、順次発送、無くなり次第終了です。

お早めにご注文ください。

※ご注文はFAXでお届け先の宛名、住所、連絡先となめこ缶かむき茸缶のどちら希望かなど必要事項をご記載頂きttp://www.jiraiya.com/pc/kome/fax.htmのファックス用紙でご注文ください。注文先は高橋酒店(FAX0229-84-6812)発送は入金確認後になりますので宜しくお願い致します。

2006/11/08

文化の日に日本酒を楽しむ会に参加して

先日の11月3日(祝)に友人の利き酒師に誘われ、日本酒を楽しむ会に参加。

主催者は東北大の学生さんたちだったので、参加者ほとんどが学生さん。

95%は男性でした。嬉しいですね。若い方たちに日本酒を楽しんでいただけるのは!

宮城は美味しい日本酒を作っている、国内一番の県です。

美味しい酒とは、純米酒、吟醸、大吟醸ですね。手間のかかる贅沢なお酒です。

県内醸造の85%はその贅沢なお酒なのです。

最近 注目の食中酒のコンセプトを打ち出したのも宮城県のお酒です。

今回は県内の新鮮なお魚も一緒に食し、大満足!

日本酒の美味しさを堪能しました~。

詳しい内容はこちらhttp://www.field-and-network.jp/shoku/index.html

フランス人男性のようにワインを自慢するように、素敵な日本人男性が日本酒を世界で自慢する様になることを 想像しながら、ウキウキした気持ちで帰宅しました。

利き酒クイズでは、これまた珍しいお酒 「柱焼酎仕込み日高見」を頂き、感激でした。

柱焼酎仕込みは初めて聞きました。現在、日本酒は味の調節に、醸造用アルコールを入れますが、江戸時代に焼酎を入れていたそうです。

美味しかったです。

最近、酒蔵では米焼酎をつくる動きがありまが、醸造用アルコールの代わりに、自家製焼酎もいいのでは? な~んて、素人考えですね、そんなに簡単ではないんでしょうけど。

2006/09/25

村上 祥子のお料理マジック

ある企業の方に誘われ、フードシステムソリューション2006が行われる東京ビックサイトへ行ってきました。企業向けの電磁調理器の展示と使い方のデモンストレーションとセミナー。

初めて「ゆりかもめ」に乗りました。お台場を見るのも初めてです。 時代は変わった~。電磁調理器は地球温暖化防止にもいいかも。

セミナーはあの有名な村上先生、食育をテーマにしたものでした。村上先生は福岡が拠点で日本中を講演で飛び回ってます。

彼女の話の中で先生ご自身が何度も手術をする体験をしてから、食べる事の大切さを実感したとの話がありました。

食の大切さ、伝えることの大切さを感じたセミナーでした。

セミナー後、銀座のお店に・・・

1件目はご一緒した方にご案内頂いて、豚しゃぶのお店。繁盛店です! ネギたっぷりのめんつゆで食べる豚しゃぶ、新しい食べ方ですよね。あっさりしておいしかったです。お客様がいつも待ってるお店だそうです。

2件目は友人の弟さんが今年春にオープンしたお店。レストランは残念ながら予約でいっぱい! せっかくなのでウェイティングバーに行くと事にしました。

銀座のど真ん中!パールピンクのビル最上階とその下の階を使った素敵なお店でした。エレベーターを降りると目の前がキッチン!

へ!間違った階で降りたのか?と思っていたら、コンシェルジュが。バーへ案内してくれました。バーはシガーバーとレストランのウエイティングバーを兼ねてるようです。

カクテルを飲みながら、時間を過ごし、今度はレストランに行ってみたいね。などと話しながら帰ることに。清算後、弟さんがせっかくだからと、レストランへご案内頂きました。

異空間!昔のミルクホール?の感じとでもいうのか、昔のキャバレーの雰囲気もあるような。大人が集うおしゃれなレストラン!一緒に行ったメンバーから驚きの声が! 

キッチンのレイアウトやサービスの演出など、素敵な驚き!

間違いなく友人たちに教えたい店です!

ここでお店の名前をご案内すればいいのでしょうが・・・許可を頂かなかったので。

今回は内緒!大人のカップルが似合うお店です。

今度はレストランでお食事に行きたいと思います。

ヒントは銀座プランタン側のパールピンクのビルです!

2006/03/11

ラックレットという食べ物

おおお・・やっとブログのメンテが終わったよ。書きたいときに書けない。。。

先週末、ラックレットという食べ物を食べました~。

あるML仲間で仙台を拠点に商売をされてるドイツ人の青年を囲んでのラックレトパーティーに参加。

彼の出身地はドイツでもフランスに近いらしく、ラックレットはフランスでもポピュラーな様です。

会場は海に近い瀟洒なお宅で。。。16人もの人数で行われました。

楽しかったです。生後7ヶ月の赤ちゃんから50代までワイワイと楽しい時間でした。

残念ながらカメラを持っていくのを忘れました。

ラックレットについては同席の友人2人のブログを紹介します。

http://plaza.rakuten.co.jp/yuiinaba/diary/200603060000/

http://blog.livedoor.jp/junko_sendai/archives/50428905.html

料理もさることながら、ドイツワインロゼに発泡水を混ぜて飲むとスパークリングワインのように楽しめました。フランスワインのロゼで試してみたところ、まあまあでしたが、ドイツワインは甘さがあるので、ドイツワインのロゼの方がおいしいかも・・・

今度、ためしてみようと思います。 でも、ドイツのロゼはどこで売ってるのだろう。。。?

2005/11/18

ボジョレ・ヌーボー頂きました(訂正版)

DSC00548 今年も 輸入元に勤めている親戚に頂き、夕べ美味しく飲みました。

去年はあっさりした味でしたが、今年はズッシリとした感じがしました。

一昨年、フランスの友人宅に遊びに行ったとき、フランスでも日本のボジョレ・ヌーボー解禁日の様子がニュースになると聞きました。

フランス人から見ると違和感があるらしいが。

フランスでは解禁日にお気に入りのシャトーなどを回って気に入ったものをまとめて買うらしい。年に一度買ったものを自宅の蔵にしまって熟成させ、順番に飲んでいく。

友人たちは解禁後、今年のワインの評価が本になって出回るので、その評価を見て買いに行くそう。

友人宅ではワインの管理は旦那さんの役目で、その日の食事に合わせてワインセラーから出してきてくれる。。。ホスト役のテイスティングもそのせいでか。

マナーは文化や習慣の裏付けがあって行われているものなんだと、納得。

ボージョレ・ヌーヴォー?ボジョレ・ヌーヴォー? ボジョレー・ヌーボー? ヴォジョレーヌーボ?  どれが正しいのか? 

ネットで調べたら、Beaujolais nouveau と出てきました。フランス語は詳しく分からないのですが、ボジョレー・ヌーヴォーがいいのかな。

解禁日について

ボジョレー・ヌーヴォー(Beaujolais nouveau)とは、フランス・ブルゴーニュー地方の南部の丘陵地帯、ボージョレ地方で作られるワインのうち、「ボージョレ」「ボージョレヴィラージュ」という2種類の銘柄の新酒のことで、その年にとれた葡萄で作られ、その年の内に瓶詰めされ、その年の11月の第3木曜日0時に解禁されます。

それまでは飲んでも売ってもいけない。

本来は11月第3木曜日原産地出荷解禁だったのです。原産地出荷ということは早くても物流考えれば1週間後に店頭に並ぶということなんですが、現在では店頭に並ぶ日なのです。

原産地出荷解禁日を11月第3木曜日にしたのは意味があったのです。法的規制が存在する以前は早だし競争が激化し、醸造期間や畑での熟し期間を犠牲にし、粗悪品の横行があったのです。その防止策として、最低11月第3木曜日以前には出荷してはならない。

だそうです。

2005/07/26

新宿の人気店

新宿で食事をするのは初めてです。

田舎ものには新宿ちょっとこわ~い!て感じがあって、だいたい渋谷で友達に会うことが多かった。今回は義弟が一緒なので東京のレストラン通の先輩に教えて頂いたところへ。

義弟と新宿駅東口で待ち合わせ。前もって行きたい店を連絡しておいたので優しい義弟はちゃんと場所をネットで調べていた。迷うことなくその店へ。。。

DSC00449
やきとんに焼酎 路地という店だ。「路地」という店にふさわしく繁華街のちょっと路地を入ったところにあった。次々とお客さんが入っていく。いざ、私たちも・・・満席だと断れた。

しょうがない、路地には空いたら電話をもらうことにして別なお店へ。。。

もう一件も先輩からの情報で都内に5店舗 横浜にも有る 「米門」の新宿駅ビルに有る店に行くことに。行ってみると満席だが待ち席があり、10分ほどで席に着くことができた。

義弟は同じ「米門」の恵比寿のオイスターバーに行ったことがあるとのこと。

メニューを見ると。材料は野菜・魚・肉・酒・焼酎 日本全国から取り寄せてるようだ。店内照明には産地の農家さんたちの顔写真が・・・。

とりあえず、ビールでお疲れ! 蒸し暑い日だったのでビールが旨い!しかしながら、新宿は人が多いし、レストランが仙台の繁華街の10倍ぐらいは有りそうです。

あらためてメニューをみて見ると、牡蠣の盛り合わせ、北海道産・宮城県産(雄勝と水山)2700円。宮城産?そういえば今年から全国に年中牡蠣を出荷しているのだ。何でも新しい殺菌法ができたとか。。進歩です。

DSC00451

北海道の牡蠣と宮城の牡蠣食べ比べたことが無かったが、やはり味が違う。。どちらも美味しい、北海道はさっぱりとした甘み。宮城の牡蠣は独特の味の中にある甘み、東北人はこれが食べ慣れた味だろう。海の味も場所によって違うのです。もちろん 水山産と雄勝産も違うのだが、おなじ奥松島内で船が通るところと通らないところでも味が違うんだから・・・。牡蠣恐るべし。。。水山ってどの辺だろう。。。

DSC00454

刺身の盛り合わせ 5点盛  カンパチ(三重産) 真鯛(三重産) 鰺(鹿児島産) 殻付きウニ(根室産)才巻き海老(天草)4500円  なかなか美味しい。

DSC00457

高知産のかます焼き1500円 塩焼きさっぱりしていて美味しかった。焼き具合も良かった。岩手のホタテは売り切れで残念。埼玉産枝つき枝豆1200円も食べ損ねて心残りだ。。。

日本酒好きの義弟は3種類の日本酒を飲み大満足。

だいたい9時頃になり、先ほどお願いした「路地」から連絡が。。良い気分で店に向かう。入ってみると、焼酎の壺がずらり、3階建てのビル、地下まですべてが客席のよう。少し薄暗く大人の隠れ家の感じだ。私たちはカウンターに座ったのだが、だいぶ酔いが回っていたので、若いスタッフをからかいながら、やきとんと湯葉 ビールと焼酎を頂く。

湯葉上手い!

やきとん。。。岩手の白金豚(生産者の息子さんは鳴子純米の会で同じメンバー)を使っているのだが。。。焼きが今イチだったのか。。臭みが強かった。。非常に残念。白金豚はうまいんですよ。 今後の努力に期待しましょう。。

私、焼きにはちょっとうるさいですから~。。炭火焼き斬り!!(^_^;) 残念!

そんなこんなで夜も更け、義弟とのデートは終了。帰路へ。

久しぶりに義弟と話ができて良かった。義弟は5年前転職で今の会社に入社。始めは単身、東京に来た。2年後上の娘が小学生になるのをきっかけに妹たちを呼び寄せた。妹は実家にいて母親に助けられていたので、あまり仙台を離れたくなかった様子。それを年の離れた姉としては夫婦が離れて暮らすのはおかしい。一緒に暮らして苦労を共にするのが夫婦。行きなさい!と叱りつけたのだ。母が一人暮らしになるのも心配だったようだが、今は良かったと思っているよう。母もひとりでは何もできない人だったのに、孫に会いたさでひとりで新幹線に乗り、妹たち宅へ行く。以前は、毎回どう行くかの確認の電話が、行く前日まで毎日のようにかかった来ていた。。。('_')

義弟は今年、少し出世した。入社5年で10人の部下を持つことになったらしい。少し疲れているようだった。帰りに電車でウトウトしていたと思ったら。突然違う駅で降りた。私はビックリして追いかけると、本人キョトンとしてる。ああ。。がんばってるんだね。お疲れさん。次の電車で帰りましょう。東京は便利、五分もしないうちに電車が来た。

人はしあわせになるために努力し苦労するもの・・・それが成長。

楽しい旅でした。