« 2018年8月 | トップページ

2019/02/20

ポルトガルの旅 リスボン③

時に起床し、ホテルの朝食をとり、10時にチェックアウト。

こちらホテルはコンシェルジュはイマイチだったけど。ベットも朝食もよかったな!

VIP EXECUTIVE ZURIQUE

Dsc_0614_7 Dsc_0639Dsc_0638


まだ有効の24時間の地下鉄カードを使い、サンタアポーニア駅に向かう。

Dsc_0643 Dsc_0651

日本の業者の手配は15時台の列車だったが、3時間移動時間、ポルトに着いたら夜になってしまい、何も見れない。日本の業者に変更を頼んだが、変更できないと言われた。けれど、念のため変更ができるか切符売り場で聞くと、ファーストクラスなら11時30分発の電車に買い替える事が出来るというので替えてもらう。

差額の12.30ユーロを支払ってノープロブラム。12号車の12の席だ。

Dsc_0642Dsc_0653_2

しかし、車両の表示がわからない。乗車して見ないとわからないのだ。

とりあえず、近くの人にたずねて自分の席に乗り込む。

でもね、どこでも英語で聞けば、みんなとても優しい笑顔で親切に教えてくれるから全然問題なし〜。よっぽどホテルの人の方がぶっきらぼうだった。


また携帯は電車のFreeWifiが繋がりづらい。移動中の調べ物がむずかしい。やっぱりSIMカードを買えばよかったかな。空港で売っていたので迷ったんだけれども、繋がりやすいかもわからないよね。


ポルトに向かう車中、駅の名前を耳をダンボにして聞いてるのだけれど、言葉に馴染みがないので頭に入らない。。。 


ネットに頼り切った生活で、行けばどうにかなると思ったけれど、地球の歩き方の地図があってよかった。普段使わない時計も携帯の時計に頼っているので、これもまた反省だな。PC(Mac)を持って出るか迷ったけど、これがなかったら、大変だったろうな。久しぶりのひとり旅は、スリリングで、人との何気ない関わりが楽しいです。

2019/02/03

ホルトガルの旅 リスボン②

レストランはトリップアドバイザーから予約していた。

確認のメールが携帯に届くが、ホテルのwifiになぜか繋がらない。

PCはどうにか繋がったので、PCからホームページから連絡。

ホテルでタクシーを呼んでもらうが、捕まらないようだ。時間に遅れるので、地下鉄で向かうことに。

Dsc_0619_2  Dsc_0630_3

レストランはカテドラルのすぐ裏だったのだが、迷うは、迷う。

途中交番にもお世話になり、いろいろな人に尋ねてやっと1時間遅れで到着。

Dsc_0626_2 Dsc_0621_2

Dsc_0628_2Dsc_0631_4

Dsc_0622Dsc_0633


料理もファドも2ステージ楽しむことができた。途中にあったもう一軒のファドの店に行ってみようかと思ったが、眠気が来たので、地下鉄でホテルに戻ることにした。

治安が不安だったが、案外大丈夫。昼間見た景色がライトアップしてあり、より美しく、観光客も多く、1人で歩いてないふりで、家族づれの集団の後ろについて歩き問題なくホテルに戻る。

明日は電車でポルトに移動、駅に行って、早めの電車に変更可能か聞いてみる予定。もう一度お風呂で温まり眠ったが、夜中に足が攣り大変だった。

2019/02/02

ポルトガルの旅 リスボン ①

久しぶり未知の国への旅、思いつきで旅立つ。

成田から12時間、トルコ空港へ。飛行機内は大晦日は空いていて、4列の椅子に寝ながら移動。トルコ空港は広く色々あるが、4時間のトランジットはちょっと持て余す中途半端な長さと空港のwifiの手続きが、携帯メールにパスワードが送られる仕組みで使えず、wifiが使える有料のラウンジに入ることにした。ラウンジにいると4時間はあっと言う間

Img_20190101_044336 Img_20190101_063622

トルコからは4時間のフライトでリスボン空港に着く。

リスボン空港のインフメーションセンターで無料の地図をもらい、ミュージアムなどが無料や割引になるリスボンカード(ガイドブックでは19€)を買おうとしたら、元旦はほとんどのミュージアムが休みだから、公共交通機関を使って行くよう薦められる。

地下鉄の24時間チケット0.5+6.4=.9€カード代と乗車代で分かれているようで、カードは追加でチャージができる仕組みのようだ。自動販売機の購入の仕方は係の人が手伝ってくれ、問題なく買えた。観光客で困る人が多いようで、たくさんの人たちが、係の人に尋ねながら購入していた。

Dsc_0920_10

まずはホテルに行き、荷物を預けて街中心部に向かう。ホテルへはレッドラインで途中、イエローラインに乗り換え、闘牛場近くのホテルへ。スマホがいまいちよく働かないので、地下鉄を降りたところの闘牛場前の公園で犬の散歩をしていた人に聞いて、親切に案内してもらいホテルに辿り着く。元旦の朝のせいか、あまり人は居ない。のんびりムード。みんな、前日は呑んで大騒ぎかな。

ホテルでチェックインの時間は14時と言われ、荷物だけ預けて、地下鉄で、街に向かう。ブルーラインに乗り換え、レスタウラドーレスで降り、ロシオ広場へ

ロシオ広場から人の流れにのり向かうとテージョ川方向へ

レストランの並ぶあたりを通ると、パステル・デ・ナタ(エッグタルト)のお店が。ちょっと試しに食べてみる。地元の人は立ったまま、エスプレッソといっしょに食べている。真似していただく。美味しかった! 会計はカードをくれるので、それを持ってレジに行って払う。なかなか近代的。

P1_10 Img_20190101_123846_2

通りをまっすぐ行くと、勝利のアーチがあり、展望台では人が何人か上っている。そして昨日はイベントで賑わったと思われる紙吹雪やツリーがあるコメルシオ広場へ、テージョ川で写真を撮ってぶらぶら。

Img_20190101_125630 Img_20190101_130646_2

 

これからどうしようかと見ていると、イエローBUSのチケットを販売して居た。日本で業者に頼んだが、いっぱいで買えなかったと連絡があった。日本語の説明付きでリスボンの街を回れる。お兄さんにどれがいいか聞くとブルーのコースが良いというので購入 16ユーロ(ネット業者では20ユーロだった)。乗り場がわからなくて、赤いバスと間違えそうになったが、黄色のバスを待つようにと言われ、待っていると黄色いバスが来たが、チケットを見せると前に青の表示のバスがくるから、それに乗るように言われる。しばらくしたら来たので乗り込む。イヤホンが運転手のそばに置いてあり、それを持って上に上がる。

 

Img_20190101_133809_3

座席の前にイヤホンを刺すところがある。チャンネルは7に合わせて聞くと日本語の説明が流れる。なかなか便利だ。

Dsc_0603 Img_20190101_122254

Img_20190101_142341_2 Img_20190101_123253

リベルダーデ通りからエドゥアルド7世公園やロシオ広場、ジェロニモス修道院、発見のモニュメントなど名所を一通り説明を聞きながら見て回り、バスを降り、リスボン名物ケーブルカーに乗り、サン・ペドロ・デ・アルカンタラ展望台から街並みを見る。オレンジ色の屋根が綺麗だ。展望台は広く、屋台なども出ていて、お茶やお酒も飲める。1人で無ければお酒を飲んでのんびりするのですが、まだよくわからない街ではそうもいかないので、またケーブルカーに乗り下りてきた。街中この悪戯書きがせっかくきれいな街なのに勿体無いな〜。以前はもっと綺麗だったんだろうな〜。

Dsc_0610_18

その後、疲れたので。一旦ホテルに戻りチェックイン。お風呂に入って、ファドを聞けるレストランを予約していたので、お風呂に入って夜の部に備える。すでにレストランから確認のメールが来ていたが少し眠ることに。