« 2017年9月 | トップページ | 2018年3月 »

2018/02/15

2月15日と3月1日放送のゲストは関口先生

あこがれの女性 子どもの創造表現空間「ハート&アート空間ビーアイ」主宰の関口怜子先生をエフエムたいはくのスタジオのにお招きしてたくさんの話を伺いました!

先生のパワフルで自由な発想と温かさは、教え子の一人である私は憧れでした。

今やあのころの先生と今の私は同じ世代になって。。。

なかなか追いつけないな~。

Sekiguchsensei_2

関口先生は

1987年にこどもの創造表現空間「ハート&アート空間ビーアイ」を設立され、31年以上、こどもの創造力を豊かにする場所、美術教室?といっては表現しきれない空間を主宰されています。

先生ご自身はお湯のない温泉と称されてましたが(笑い) 

「だれの心にもビタミンビーアイ」ってう言ったお子さんも居るそうですが、

ピッタリだと思います!

ご著書に「子どものためのワークショップ」がブロンズ社から出版されています。

また、地域情報紙「仙台っこ」にぞうかば雑談(ぞうだん)を連載中で、

ぞうかば先生としても有名でいらっしゃいます。

放送日は2月15日・3月1日の夕方5時半からです。

創造表現空間「ハート&アート空間ビーアイ」電話022-262-2969

エフエム太白はサイマルラジオでもお聞き頂けます!

http://csra.fm/blog/author/fmtaihaku/


2018/02/01

今年初の収録は

地雷也の提供「KUROの食とお酒とHappy サスティナライフ」の初収録は1月9日でした。 放送日は1月18日と2月1日でした。

ゲストは純米の会 事務局 鳴子川渡温泉駅前 高橋酒店の5代目、イラストレーターでもあり、イクメンな高橋佳弘さんと株式会社新澤醸造店 代表取締役で杜氏の新澤巌夫さん(主な銘柄はあたごのまつと伯楽星、三杯目がうまいと言う、究極の食中酒やフレッシュローテーション・精米歩合限界の日本酒など。日本酒の新しい価値を提供し続ける蔵元) 雪渡りが出来るまでのことを前半に。

Yuki141_2

そして、後半はこのエフエム太白の毎月第4土曜午後12時半から「仙台100万気分は最上(サイジョー)」のパーソナリティでもあり、アラバキロックフェスでは新澤さんのお酒を若者に広め、郷土愛・日本酒愛にあふれる 雪渡り 応援団長の小林守さんを交え、純米の会の19回目と20回目についての座談会。

Yukiwatari

食事をしながらの座談会は3時間以上に及びましたが、内容はとても濃く、素敵な話がたくさんでしたが、一部だけのお届け、時間に制限があるのと本音トークだらけで。。。放送自粛(爆)

お酒って、30分過ぎると酔ってくるんだな~(笑)
新澤社長と知り合ってもうすぐ20年。
この20年間のプレシャーや困難を乗り越え、努力を重ね、培われた、お酒造りへの熱い、熱い 情熱を感じる、とても充実した座談会となりました。 
有り難うございました。
 

リクエスト曲は桑田佳祐さんの Let’s try again kuwata.ver と高橋佳生さんの 「雪渡り」と「復活の唄」をお聞き頂きました。

純米の会へのお問い合わせは 
鳴子・川渡温泉駅前 高橋酒店 電話022-9-84-7325

エフエム太白はサイマルラジオでもお聞き頂けます!http://csra.fm/blog/author/fmtaihaku/