« 日本酒学講師会 新潟研修 ① | トップページ | 今年初の収録は »

2017/09/22

日本酒学講師会 新潟研修 ②

 越の鶴や壱醸を銘柄に持つ越銘醸株式会社さんへ

Img_20170908_170452

到着早々、まずは越淡麗の圃場に行きましょうと。。。マイクロバスから蔵人の方達が運転する車に乗り換え出発!

なぜバスで行かないんだろうと思ったのですが。。。途中でわかりました。とてもバスで伺える場所では無かったのです。山道くねくね。軽自動車同志もすれ違うのが大変なところでした。

新潟県村上市の雷(いかずち)というところに伺い多田さん(73歳)無農薬・有機・合鴨農法を21年以上もされている、レジェンドと言われる農家さんにお会いしました。

Img_20170908_161719

この日は稲が生長し、合鴨のお仕事が終わったので、合鴨をキツネなどから守るための網を外す作業をされていました。

越銘醸さんと多田さんは11年前から無農薬・有機・合鴨農法で越淡麗の栽培を休耕田ではじめたそうです。この雷(いかずち)は20世帯あったそうですが、今は全員離村されたところだそうです。多田さんもお住まいは隣町だそうです。

しかし、有機農法にはこの場所がちょうど良く、美味しいお米になるそうです。

Img_20170908_160647

来る途中、仕事を終えた合鴨が放たれていたところが多田さん宅ちかくだそうですが、この合鴨達は大きく美味しく育てられ、クリスマス頃にお酒の会で鍋になるそうです。

美味しくなれよう~。

次回は越銘醸さんの蔵見学です。


« 日本酒学講師会 新潟研修 ① | トップページ | 今年初の収録は »

日本酒・蔵元・日本酒学講師」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本酒学講師会 新潟研修 ②:

« 日本酒学講師会 新潟研修 ① | トップページ | 今年初の収録は »