« 日本酒学講師会研修 酒米編 広島錦・八反錦・八反草 | トップページ | 日本酒学講師会研修 酒米編 賀茂鶴酒造さんの美酒鍋 »

2016/11/29

日本酒学講師会研修 酒米編 賀茂鶴酒造

さて、いよいよ 賀茂鶴酒造((株)さんの蔵を拝見!

Img_245025_2
奥にある蔵を見せて頂きます。(すみません。カメラの調子が良くなかったらしく、全体に写りが。。。。汗)
敷地内に歴史的な建物 本陣やレストランもあって、後日紹介しますが、美酒鍋を頂きました。

Img_244725_2

ここから中へ

荒巻副社長からご説明を頂きました。

Img_20160904_16204725

伺った時期は造りをしてないのですが、蔵内はピカピカに手入れされてました。

Img_20160904_16311225

賀茂鶴さんのお酒は一部の山田錦をのぞき、全量広島産のお米を使用しているそうです。

Img_248425

仕込み水は、西条盆地北側の中国山系「龍王山」などからの伏流水を使用し、硬度4~7の中硬水になるそうです。

造りは広島杜氏がゆっくり醸すお酒で、四季を通じて高山特有の澄んだ空気と冬の寒さと夏の涼しいさがお酒の造りと貯蔵に良い風土になっています。

賀茂鶴さんがある四条は、奈良時代から経済的に栄え、江戸時代には参勤交代の宿場町になり、そのころから酒造りが盛んになったそうです。

明治時代には吟醸酒を造り、最高品質のお酒を造る「酒都西条」と呼ばれ、今は、全国から蔵元さんが勉強に集まる「独立行政法人酒類総合研究所」も置かれています。

賀茂鶴さんのお酒は精米歩合が60%以下のお酒ばかりで丁寧に醸されてるものばかりです。

次回は、そのお酒と一緒に食した、賀茂鶴さんのお酒を贅沢に使った美酒鍋をご紹介します!

« 日本酒学講師会研修 酒米編 広島錦・八反錦・八反草 | トップページ | 日本酒学講師会研修 酒米編 賀茂鶴酒造さんの美酒鍋 »

日本酒・蔵元・日本酒学講師」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本酒学講師会研修 酒米編 賀茂鶴酒造:

« 日本酒学講師会研修 酒米編 広島錦・八反錦・八反草 | トップページ | 日本酒学講師会研修 酒米編 賀茂鶴酒造さんの美酒鍋 »