« 日本酒学講師会研修 酒米編 岡山から広島へ | トップページ | 日本酒学講師会研修 酒米編 八反・広島錦など »

2016/10/29

日本酒学講師会研修 酒米編 広島の夜

今回、岡山や広島で地名の読み方が東北とは全然違うということ。見たことの無い漢字も多くて。。。文化圏の違いを感じました。

広島市の繁華街へは銀山町電停(かなやまちょうていりゅうじょうで降り、「ぎんざん」じゃないんだ~ね。。。

さて、おじゃました「ちょっこと屋」 広島の酒を100種類以上も置いてるとのこと。
メニューを見ると

Img_20160903_21014225

飲んだことのないお酒ばかり。。。勉強不足を実感(汗)

う~ん。やっぱり、酒米は八反や八反錦が目立つ。。。

Img_20160903_20285925

同行の仲間にお酒とお料理の選択をお任せに。。。
私がこの時点で知っているのは「雨後の月」くらい。

つき出しに「かちり」初めてです。
イワシの稚魚を塩ゆでして、干した物だそうです。
東北なら「しらす」豆腐の上や何かと和えて食べることが多いですよね。

Img_20160903_203235

焼き物をいろいろ頼んで、すこしづつ頂きました。

Img_20160903_20484325

焼き鳥美味しかったです。

お酒も追加

Img_20160903_21045525

八反草という、八反錦などの親になる米ですが、最近復刻してるようです。

知らないことばかり。。。

Img_20160903_21535925

これもはじめて、「一文字ぐるぐる」 

一文字という小ネギの一種だそうで、その酢みそ和、歯ごたえのあるもに巻いてあった様に思うのですが。。。巻いてた部分もネギだったのかな?

記憶の印象としては山芋にニラが巻いてあるような感じでしたが、ネットで調べたら、一文字というネギを巻いた物となってました。
仙台では食べたことがなく、いや~勉強になりました!
翌日の酒米の予習にもなって、お酒も食材も新しいものに出会えて素敵な夜でした。
この後のオムレツの様な炒飯と濃厚なアイスも美味しかったです。

Img_20160903_223154

Img_20160903_223452

酒好きは甘党も多いですからね~。

美味しいけど、結構甘かったな~!

いよいよ次回は酒米の話です!
日本シリーズの胴上げと共に・・・・

« 日本酒学講師会研修 酒米編 岡山から広島へ | トップページ | 日本酒学講師会研修 酒米編 八反・広島錦など »

日本酒・蔵元・日本酒学講師」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本酒学講師会研修 酒米編 広島の夜:

« 日本酒学講師会研修 酒米編 岡山から広島へ | トップページ | 日本酒学講師会研修 酒米編 八反・広島錦など »