« 手抜きダイエット? | トップページ | 日本産のインディカ米・・・でもいいかも? »

2011/11/16

愛ねぇ~。カレ 夫  男友達

先日偶然見たNHKのドラマ。

カレ 夫 男友達 
サイトはこちらhttp://www.nhk.or.jp/drama10/kare/

すごい内容だったな~。 展開が気になるのですが
毎週コンスタントに見るのは無理だな・・・

主人公の治子が プロポーズの返事をしたときの台詞・・・ドキッとしたな。。
「どうしてこのままじゃいけないの?」

若かりし頃の私。。。同じ事を言った覚えがある。

昨日読んでいた本に E.フロムの本「愛するということ」からの引用があった。
ちょっとメモっておこう・・・ちょっとややこしいのです。

「愛する」という行為は人との関わりの行為であり、相手を労り、理解する、譲るなどの行為。一時の情熱の愛とは区別する。情熱の愛は羨望、嫉妬、野心、貪欲などの受動的な感情。

「愛」そのものは行動で人間的な力の実践、自由で能動的な活動。
愛は与え、自分の中に息づいてるもの、自分の歓び、興味、理解、知識、ユーモア、悲しみなどあらゆる表現を与えること。
自分の命を与えることによって、他人の生命感を高める。期待はしないが、他人の中に何かが生まれ、自分に返ってくるもの。

;:゙;`(゚∀゚)`;:゙ ちょいと難しいね~。

愛の基本要素
1.配慮:愛するものの生命と成長に関心を示し、積極的に関わること。
2.責任:義務よりも自発的に愛する相手のニーズに応答すること。
3.尊敬:恐れでも畏敬でもなく、愛するものをあるがままに見、その特異な個性を知り、尊重すること。
4.理解:相手に対する関心や配慮によって動機づけられ理解すること。

 何となく分かったような。。。(A;´・ω・)アセアセ

家族の発達についても興味深かった。
第1段階(新婚期):親密性と幻滅感
第2段階(出産育児期):養育と閉塞感
第3段階(学童をもつ家族期):家族の個性化と擬似相互性
第4段階(子どもが10代期):友愛感と切り離し
第5段階(子どもが巣立つ期):再編成と束縛又は追放
第6段階(親の役目終了期):夫婦関係の再発見と落胆
新婚時代に棚上げにした問題に再び直面する時期だそうです。
第7段階(加齢と配偶者の死の期)相互扶助性と絶望感(落胆)
現代は血縁をはなれ、次世代を育てていく広い意味の祖父母が求められていると。。。

私の周辺は

第6段階と第7段階が多くなってますね。。。

詳しく知りたい方は図書館でも借りられるかも?

買うには勇気のいるお値段ですね。。。。。。(@Д@;

« 手抜きダイエット? | トップページ | 日本産のインディカ米・・・でもいいかも? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

サクラとKUROの女同士の話」カテゴリの記事

コメント

偶然、月曜日の再放送と、火曜日と続けてみてしまいました!!

愛ではないとわかりつつ依存しあうDV夫妻と、
結婚を申し込まれて大喜びしつつ承諾しない会社員、
愛する能力に欠けているかもと思いつつ彼氏探しをする大学生の、
3姉妹。
そして、夫の浮気により離婚している両親。

うーん、うーんとうなりながら、
何故だかひきこまれて見てしまいました。。。

イトウちゃん
コメントありがとうございます。

ドラマの見所に 原作者のことばに健全さとは何か?父性を巡る問いかけと・・・・

原作も読んでみたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛ねぇ~。カレ 夫  男友達:

» カレ、夫、男友達 - NHKドラマ10 真木よう子 木村多江 夏帆 [新ドラマQ]
カレ、夫、男友達 NHK総合 2011年11月1日~ [キャスト] 真木よう子 木村多江 夏帆 ユースケ・サンタマリア 徳井義実 高畑淳子 長塚京三 ほか 公式サイト http://www.nhk.or.jp/drama10/kare/ [続きを読む]

« 手抜きダイエット? | トップページ | 日本産のインディカ米・・・でもいいかも? »