« よいチームの条件 | トップページ | 週末は盛り上がる!! »

2010/04/16

今なぜコーチングが注目されて居るんだろう。。。。

またまたコーチングの話です。ほとんど自問自答です。

知識は得たけれど、、、
実際の仕事でコーチングはどのように使われて行くのがよいのか。

年功序列、終身雇用の時は時間をかけて人を育てることが出来たが、今は早く人材を育てたり、その才能を開花させなければ競争に勝てない。

そもそもコーチングは米国の弁護士事務所やコンサルタント事務所など、プロフェッショナルの集団で注目されたようです。

優秀な人材のグループをまとめて、競争力の高い集団にするために効果的とされている。優秀な集団ほどコーチング的リーダーシップの効果は高い。

それぞれの能力が高いので、才能を効率よく発揮させるためにはリーダーのアプローチはコーチング的関わりが良いのです。基本指示しなくても仕事が出来る人たちですから。

さて、なぜ今日本でもコーチングなのだろう。

要因は企業活動の変化と従業員の変化が2つあるのでしょう。

企業活動変化

以前求められていたもの
モノの価値・量・効用・戦略思考・業績成長(シェア
   
同じ価値観で同じ仕事

今求められるもの
知恵の価値・質・ビジョン・顧客満足志向・社会との共存
   
違う価値観で新たな仕事

従業員変化

以前求められていたもの
集団的・共通性・均一性・効率・ピラミッド型
   
集団への適合力(順応力)のある人

今求められるもの
個別型・個性(異質・多様性)・創造・フラット型(双方向・ネットワーク・人脈)
   
組織をその時代の新しい価値(視野)に変革出来る人

以前、問題解決はトップがしていたが、
今は問題は発生してすぐ解決、対応を求められている。
現場に自ら動く優秀なリーダーが求められている。

そうなるとリーダーは
情報収集力、判断力、個人を尊重したコミュニケーション力が不可欠になりますね。

う~ん。 やっぱりコーチング。。。。

今求められるリーダーの仕事は全体のビジョンの明確化

そして部下が自分で設定した目標を達成する為のサポートすることで管理することではない。

指示待ちが多いと言われますが。。。リーダーにビジョンがなければね・・・。

ビジョン。。。今は迷うんでしょうね。

« よいチームの条件 | トップページ | 週末は盛り上がる!! »

コーチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今なぜコーチングが注目されて居るんだろう。。。。:

« よいチームの条件 | トップページ | 週末は盛り上がる!! »