« 時事ネタ 自分のためのメモ 2 | トップページ | 検索エンジンの便利さの恩恵・・・ »

2008/05/16

シェリル・クロウの最新CD(時事ネタ?)

堅い話が続いたけど。。。これもちょっと堅い話になるかな・・・。

シェリル・クロウは今のアメリカ大統領に対して批判的なアーティストと言われている。

今回のアルバムディトアーズもかなりそのあたりが出てる曲が多い。

ここ数日聞いている、現在の私のお気に入りです!

1曲目のGod Bless This Mess は あの9.11がモチーフだ。そのほかにもアフガンやイラク戦争がモチーフとわかる曲がある。

前回のアルバムワイルドフラワー も~う恥ずかしいくらいのラブラブ感たっぷりだったのに、2年経って彼女の人生は波乱、婚約解消、乳ガン摘出手術、そして、養子を迎える。このCDは2年前から予定していたものだそうだが・・・。

あの9.11はなぜ?と思っていたがこんなドキュメンタリービデオがあった。1980年から始まったと。。。

1980年代後半私はアメリカにいた・・・複雑な気持ちで見た。 クラスメイトが特別な許可を得て、授業中でもお祈りをしていた。。。

オサマ・ライジング 良きサマリア人
オサマ・ライジング 良きサマリア人

« 時事ネタ 自分のためのメモ 2 | トップページ | 検索エンジンの便利さの恩恵・・・ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シェリル・クロウの最新CD(時事ネタ?):

« 時事ネタ 自分のためのメモ 2 | トップページ | 検索エンジンの便利さの恩恵・・・ »