« 女性の働き方・・・ | トップページ | アッという間 その15 「良いことみっけ!意識改革」 »

2008/04/10

アッという間 その14 「勘ピューターとコンピューター」

さて、決心も固まり、いざ本格的にこの店はどこに行くんだ?と思い始めた。

売り上げは、減っては居たが、赤字ではなかった。しかし、現金商売の資金繰りは大変だった。

時々、支払いが遅くなることも・・・。 そのたび、私があやまり役・・・ 恥ずかしいし、腹立たしかった!

なぜなんだ?と経営状態を考え、原因をとらえ、改善策を考えたりしては居たものの、どのように伯父、現場と共有したらいいのか?そして、私の考えは正しいのか?以前の職場で、販促や経営を囓っては居たものの・・・伯父との会話はかみ合わない、伯父のマイナス面ばかりに目がいき、腹を立てることが多かった、わたし。

伯父は創業者、経験に裏打ちされた勘や経営ノウハウ、変な慣習?がある・・・正面からの勝負はムリ、太刀打ち出来ない・・・何かないか?と思っている時に、仙台市で主催する、日本で一番と言われている、コンサルタント船井総研のセミナーがあることを知る。実はそのときは船井総研が日本でもとても有名なコンサルタント会社とは知らなかったのですが・・・ 

勉強になりました~。そして、伯父のすごさも知ることになりました。

その勉強のときにうちの店にはすばらしいものがたくさんあることに気が付いたのです。良い素材があるのに活かせてない・・・。そのセミナーで、伯父への対抗策を講じるつもりが、30年以上の経営者としてのセンスの良さや経験が店をここまで続けてきたと知ることになったのです。

お陰で、活かす面と改善面のポイントを確認できました。

マイナス面ばかりでない、良いものみっけ!とうれしくなりました。

« 女性の働き方・・・ | トップページ | アッという間 その15 「良いことみっけ!意識改革」 »

アッという間の12年シリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アッという間 その14 「勘ピューターとコンピューター」:

« 女性の働き方・・・ | トップページ | アッという間 その15 「良いことみっけ!意識改革」 »