« 新年度! | トップページ | 女性の働き方・・・ »

2008/04/07

アッという間 その13 「迷いと決心!」

先日、アッという間の12年シリーズを読みましたよ、と仰って頂き、感謝です。

気恥ずかしい・・・・。そして、まだ途中ですね!と・・・・。

ちょっと迷いがあり、書くのをやめていました。

気が付けば、2年以上過ぎてますね。。。時が過ぎるのは早い。

久しぶりに、読み返して。。う~ん。 成長してるのか?してないのか?

その13は迷いと決心!とタイトルを決めました。

この仕事にこんなに長く携わるとは思わずに・・・もう15年。

バイト気分が消えたのは、手伝い始めて3年が過ぎた頃。

迷っていました、伯父の体調は良くなりましたが、ひとり暮らし、店の状況も今いち。せめて店長と伯父の間がうまくいって欲しかった。

そんなころ、お年頃でしたから、結婚も考えていました・・・しかし決心が付かない。

結局、うまく話がまとまらず。。。ひとりで生きていくことになるかもな~。と考えはじめ、自分の中で何か、この仕事を続けて行く決心を固めるものが欲しくなった。

大きな買い物をした。

男女雇用機会均等法のお陰で、女性も住宅ローンが組めるようになっていた。

タイミング的に、金利も地価もおおよそ底値、今かなと思った。

祖母は女性が借金できるの?と驚いてた。

昔、女性は住宅ローンが組めなかったんですよね。組めても、男性の保証人が必要だったはず。

祖母や家族に頭金の援助を受けることになり、そして、伯父に話すと買えるなら良いのでは、ということだった。

家族からあまりにあっさり、OKが出た展開に驚いたのだが、家族みんな本気で買えると思っていなかったのかも・・・、または借金を持てば私が落ち着いてくれるだろうと思ったんだろう。放浪癖があるので・・・(^_^;)

わたしの家族は堅実、わたしは堅実よりチャレンジを選ぶ方なので・・自分でも、短気を起こして、伯父や店長とけんかをしないように、足かせが必要だと思っていた・・・。

それでもまだ迷いは残っていた・・ある日

フランス在住の友人から電話が来た、ご主人の会社の日本支社の人を紹介するから会ってくれない?と。

何で?と思ったが、交通費も出してくれるという。

熱心に勧めてくれるので、理由もはっきりわからなかったが、交通費を負担してもらうのは遠慮して、従姉妹の娘の結婚式に出席するため、東京に行く予定があるので、そのときで良ければということで会うことにした。

お会いすると 近々、日本人スタッフがひとり辞めるので英語かフランス語が話せ、経理も出来、外国人とのコミュニケーションがうまい日本人スタッフを探しているとのことだった。それで友人がその方に紹介してくれたらしかった。 はっきり面接とは言わなかったのは、フランス語が話せる人が良かったのだろう。いずれ、フランス語も話せるようになってくださいね、と言われた。いつかは話してみたいと思っていたフランス語・・その方も教えますからと言ってくださった!

熱心に東京に来ないかと言って頂き、仙台にも来てくださった。とても迷った。行きたい。この閉塞感からも抜け出したいという気持ちだった。

そして伯父と店長に話した、ふたりとも「いいよ」と言う、しかし、ふたりの寂しそうな「いいよ」が胸に刺さった。

迷った・・・考えた・・・。三十路を過ぎて、東京?フランス語?う~ん、ラストチャンスか、やってみたい。 かなりのチャレンジ。でも・・・。しかし・・・・。 行ったり来たり。。。。 ふたりの「寂しそうないいよ」・・・。 

結局、お断りをした。

伯父と店長に断ったと話すと・・・何とも「ほっ」とした表情・・・ふたりを見て、これで良かったんだ、と私のなかで、迷いが消え、大きな覚悟が出来た。

まだ、先は見えないが、やれることを、とにかくやってみよう!

その件以来、店長と伯父はギクシャクではあったけれどコミュニーケーションを取る努力をしてくれた。徐々に距離が縮まったようだった。うれしかった、それだけでも、行かなくて良かったと思った。

人生での決心、覚悟は人を強くしますね。

« 新年度! | トップページ | 女性の働き方・・・ »

アッという間の12年シリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アッという間 その13 「迷いと決心!」:

« 新年度! | トップページ | 女性の働き方・・・ »