« 2007年7月 | トップページ | 2007年10月 »

2007/08/31

興味深い 世代・タイプ別

2007.9.17号の雑誌プレジデントで面白い世代分けがあった。

以下、抜粋・要約です。

全共闘世代 1945~50年生まれ 57~62歳

学生運動で留年 内定取り消しが発生就職する条件は会社の将来性

就職氷河期世代 1951~55年生まれ 52~56歳

就職型とアンチ就職型 海外への憧れ強く商社・旅行会社が人気の就職先。就職活動のファッション化

ジャパン・アズNO1世代 1956~59年生まれ 48~51歳

完全週休二日制の企業が増え始める。理工系大学院卒の採用が増え、電気・電子系学生が人気。日本経済・社会の成長期、忠誠心が高まる。

第一次共通世代 1960年~64年生まれ 43~47歳 求人倍率2.34 

男女雇用均等法施行世代、本音と建て前に振り回された、中堅・中小企業に学生が流れた時代。自分を活かせる職場か重視し、転職を考える。仕事の仕方・話し方はバランス感覚が良く、上の世代と下の世代の価値観を理解し仲介する役割。革新的な大きな仕事はしない。

バブル世代 1965年~69年生まれ 38~42歳 求人倍率 2.86

空前の売り手市場新総合職が現れ、カタカナ社名に変更が増えた。会社選びはブランド力。出世競争は激しく、一芸を磨く意識が高い。後輩に恵まれず、長期雑用をこなし、バブル崩壊世代の尻ふき。上の世代と下の世代の中立的コミュニケーションができる。

バブル崩壊世代 1970~74年生まれ 33~37歳 求人倍率1.08

団塊ジュニア 受験競争率は史上最高、求人倍率は一気にダウン。たくさん稼ごうという価値観はなく現実的で安定志向。Uターン就職も多く、モラトリアムも増加。厳しい就職活動を乗り越えてきてるので、基本的に優秀。上世代は彼らを上手く使いこなせれば出世の近道。この世代は悪いところを直そうという意識より、能力を活かすことが重要。共通一次世代以上から評価が高い。

就職協定廃止世代 1975~79年生まれ 28~32歳 求人倍率0.99

ネットを使った就職活動が定着。直接情報収集をしないため、入社後の現実にショックを受けることが多く、早期離職率が高い。成長欲求は高いが出世志向は低い。無理せず楽にと考えている。

造改革世代 1980年生まれ~  ~27歳 求人倍率2.14

売り手市場だが企業は人材を見極めるようになったため、2極化、内定の複数決まる学生となかなか決まらない学生。会社選びは能力・個性を生かせる事重視。自分らしく生きるがポイント。仕事に対する姿勢が甘いといわれがち、自分軸の自己主張が強くわかりやすい。注意する時は叱り気味で丁度良い。仕事の意義や自分にとってメリットを納得できれば一生懸命がんばる。*この世代のほめ方しかり方*自分らしく仕事してるね。挨拶が出来ないと仕事が進まないよ。直ぐに直しなさい。

日本の、この30年の著しい経済変化にあらためて驚きますね~。

浪人や留年、高卒・短大卒などで、多少実感が違う方もいるかもしれませんが、なんだか分かりますね~。 さ!あなたはどの世代?ご参考までに。

2007/08/30

伊勢神宮 その2

内宮の門前に おかげ横丁 というのがありました。

約十年前に出来た横丁とのことですがとてもにぎわっていました。

行った日は和太鼓のパフォーマンスが中心で行われてました。

伊勢の名物 赤福 本店の店内で食べられます。 

宝永4年 創業って何年前なのかしら?建物も古く100年くらいかな・・・

P1010146

この横丁に酒蔵もありました。伊勢萬 店先で甘酒やお酒を飲むことが出来ました。

私は大吟醸を、暑い中、冷えた地酒を地元のつまみ(ととかまと伊勢たくあん 2年もの)で! 贅沢でした!

P1010153 P1010156

さっぱりとした美味しいお酒です!

そろそろ昼時を過ぎたので、いくらか客足が落ちたので、食事のため昔はお伊勢参りの旅人が泊まってであろう、旅篭のような造りのお寿司屋さん。タイミング良く座れました。

地ビールとおすすめ膳 冷やしそうめん・ちらし寿司等のセット

P1010166_2

美味しかったです~。

P1010176

階段や釜が時代劇のような感じです。

P1010178

2007/08/21

伊勢神宮 その1

暑かった~。 仙台に帰って来たときは、さすがに涼しく感じましたね。

しかし、今日は暑いと感じる仙台・・・。

何となく、伊勢の方が風があって、暑くても、爽やかだった気が・・・。

仙台はジメジメした感じがするのですが・・・・

生まれて初めて伊勢神宮へお参りしました。

凄く、気を感じるよ~。と言われて行ったのですが、夏休み中で人が多くてビックリしました。しかも、若い人が多い。行くまでは、訪れる人の中では私は若い方になるだろうと予測してましたが、いいえ、全然!

若いカップルも多かった。

外宮・内宮とお参りし、ご祈祷もお願いしました。

さすがに、神楽殿内は何か透き通るようなエネルギーがありました。冷房もかなり効いてましたが・・・

巫女の舞も生まれて初めて見ました。テキパキとして、優雅な立ち居振る舞い、衣装の衣擦れの音が神聖な感じがしましたね。

P1010125a

内宮の御正宮です。 天照大御神 

皇室の御祖先の神で、日本人の総氏神とも言われています。

今回、伊勢に行くと話したら、何で?と聞かれることも多かったのですが、行きたいと思っている友人も多いのに驚きました。

今回は、無事過ごせている御礼、商売繁盛と身近な人たちの幸せを祈願してきました。

気を感じたかは別として、あそこは特別な場所なんだと思います。なぜ?と言われると困りますが・・・

また行きたい場所です。

伊勢神宮のオフィシャルページhttp://www.isejingu.or.jp/

こちらがとても参考になりました。

2007/08/12

朝青龍と高砂親方にお薦めの本

最近、朝青龍の仮病問題がいろいろと・・・。

こんな時、必ず出るのは外国人だからの被害者意識。。。

あれは、一流の人間には言って欲しくない。

外国人が活躍するのに日本はやさしい国だと思いますけどね・・・。他の国に行ったら、優遇なんて、冷遇されて当たり前ですよ。

郷に入っては郷に従え。ローマにいたらローマ人がするようにしろ・・です。

母国以外で活躍するのには、その国の人たちより何倍もの努力が必要、だから、彼らは尊敬されるのです。

朝青龍が精神的な病気になるとは、横綱までになったのに。。。横綱になるまでの方が大変だったと思うんですが。

重圧ですかね・・・。

ちょっと気にあるのは、彼の奥さん、日本に居ないようですね・・これはきついのでは? 日本人の奥さんだったら違っていたかも??

高砂親方と朝青龍にお薦めの本。

多文化社会の人間関係力―実生活に生かす異文化コミュニケーションスキル (単行本)

多文化社会で生きるために必要なこと

1.自尊心・自己受容 2.曖昧なことに対する忍耐度 3.批判的な考えと創造性 4.開放性と柔軟性 5.自律と責任感(バランスの良い相互依存) 6.コミュニケーション力。

今、子育て中、社員教育担当者の方も一読されることをお薦めします!数時間で読める内容です

2007/08/09

仙台七夕まつりも終わり

夏草や兵どもが夢の跡・・・・。

仙台も七夕まつりが終わると、急に秋の気配を感じるんですよね。

とはいえ、今日の仙台も暑い!

最近は、七夕の前夜祭の花火以来 ビールを飲んでますね~。

そろそろ、体調が。。。。。

アルコールは冷えますから~。

冷えは万病の元。。温かいものを日に何度かお腹に入れましょう。

ご注意を! と自分に言い聞かせる今日この頃・・・