« 愛の流刑地 | トップページ | 三日坊主にならずにがんばってます! »

2007/01/18

袖振り合うも多生の縁

夕べの美輪さん、言ってましたね~。多生って書くのよ!って。

エキサイトの辞典で調べました。

――振り合うも=多生(たしよう)(=他生)の縁(えん)
〔「振り合う」は「触り合う」とも〕道で見知らぬ人と袖が触れ合うのも深い宿縁に基づくものだ。

この多生、前世だったり別の生だったんですね~。

この話を聞いたとき、弊店に訪れてくれるお客様、皆様に感謝の気持ちでいっぱいになりました。そうなんだ、何かの縁(えにし)で結ばれてご来店頂いてるんだ!と感じました。

美輪さんが「人は出会い、そこからいろいろ学ぶのよ!」という話しもしてましたね。

先日、あるトラブルで友人から相談を受けました。

少し彼女には厳しいことを言いましたが。。。

その話が共通の友人に漏れていたという事に非常に傷つきました。 

友人に進言する場合、相手を信じて、相手のことを思っていうのですから、かなり勇気の要ることなのですよ。

理解はしてくれたようですが。。。

そのときニーチェの有名なツァラトゥストラはこう言った 上 岩波文庫 青 639-2の中から

私が今も常に心に残っていることを伝えました。

昨日の美輪さんの話でまた思い浮かびました。

★人はどんなことからでも学ぶことができる、道に転がっている石さえも学びの対象になる
★人生は泥水で身体を洗うのと同じ。 (もちろん、きれいに洗えると解釈してます)

(本の文章のとおりではない、 私が読んだのは20年程度前で上記翻訳本ではないので、あしからず)

彼女とはこれからも良い友人で居たいと思います。 彼女を怒っているのではないので、誤解しないでね~。(^_^)v(~o~)(^-^)

美輪さんのお話(人は出会い、そこからいろいろ学ぶ)の流れで感じたことで、そのときはショックでしたが、今は良い勉強になった、この歳であまり経験しないことだよね。

歳取ると図太くなるしね~。。。^^;  今は感謝してるのです。 

« 愛の流刑地 | トップページ | 三日坊主にならずにがんばってます! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

我々男性は年をとるとだんだんタヌキになっていきます(笑)
女性は年経ると狐になって尻尾が九本に分かれるそうな。

KUROさんも早く尻尾が生えると良いですね(謎)

それも昨日の美輪さんの話でありましたね~。

狐(女性)と狸(男性)。。。。

狐にはなれないかも、柴犬かな~(謎&笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 袖振り合うも多生の縁:

« 愛の流刑地 | トップページ | 三日坊主にならずにがんばってます! »