« ダブルタスクの危険! | トップページ | 愛の流刑地 »

2006/12/28

いじめと喧嘩は違う。

小さな町で、自殺した子どもが出たそう。。。。

親戚の子どもの隣のクラスの子だったらし、クラスメイトでない同級生たちも心に傷ができた様。一生残るだろう、こころの傷。

いじめの原因はいろいろあるとは思うのだが、最近の子どもはあまり喧嘩をしないらしい。

良い子が多いから?その代わり、いじめは増えてる?いじめはとても悪いことだ。ホントに良い子なの?勉強ができれば良い子なの?

喧嘩は、必ずしも悪ではない。人間が集まれば意見の相違は必ずある。

喧嘩がお互いの意見や考え方を知るためのものなら。。。。喧嘩に発展しないように意見を交わせるのがオトナなのだが、子どものうちは喧嘩して良いのではないだろうか。

私はオトナになりきれなくて、意見の違いを知りたくて、理解し合いたくて、喧嘩を売ってしまうところがあるのですが。。。上手く理解し合える時もあるけど、撃沈されることもあるね~(^_^;)

仲直りするために謝る勇気も経験しないとね。。

必ずしも同意できなくても良い、違うんだと分かって認めることができれば。

どうしても自分の意見が正しいと思うかもしれない、同意するのが悔しいこともあるかもしれない、それはそれで良い、違うからと言って相手を責める必要はない。

それより、違うと伝えればいいのだ。違うとお互いの意見を理解できれば、わたしは同意できないと伝えればいいのだと思う。

自分が正しいという事に同意してもらえないのが悔しく思うかもしれない。でも人は誰も人の意見を支配できない・・・理解してもらえるだけだ。

組織の中では、違う中でも合意点を見いださなければ、組織では良いものは生まれない。逆に、違うものから見いだした発展的な合意なら、良いものを生みだす要素になる。

気ままのぶつけ合いは論外ね!あしからず!

職場にしろ、学校にしろ、家庭にしろ、支配者は要らない、必要なのはリーダー。

そして、理解し合うように努力する仲間的感情だと思う。企業だと同じ目的意識かな。

リーダーは偉いわけではない、組織を纏めるために必要な存在、他のメンバーより上でも下でもない。リーダーに必要な要素は、その組織内で必要としている経験や技術、そして思いやり(柔軟さ)だろうと思う。

学校でいじめれてる子どもを助けられる子どもは、いずれリーダーの立場になれる子だろう。

これからは学力よりEQ力なんだろうね。そういう子が多く育てほしいと願うばかりです。

« ダブルタスクの危険! | トップページ | 愛の流刑地 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

全く同感!


30日19時までに・・・

(*^-^)b

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いじめと喧嘩は違う。:

« ダブルタスクの危険! | トップページ | 愛の流刑地 »