« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006/12/28

いじめと喧嘩は違う。

小さな町で、自殺した子どもが出たそう。。。。

親戚の子どもの隣のクラスの子だったらし、クラスメイトでない同級生たちも心に傷ができた様。一生残るだろう、こころの傷。

いじめの原因はいろいろあるとは思うのだが、最近の子どもはあまり喧嘩をしないらしい。

良い子が多いから?その代わり、いじめは増えてる?いじめはとても悪いことだ。ホントに良い子なの?勉強ができれば良い子なの?

喧嘩は、必ずしも悪ではない。人間が集まれば意見の相違は必ずある。

喧嘩がお互いの意見や考え方を知るためのものなら。。。。喧嘩に発展しないように意見を交わせるのがオトナなのだが、子どものうちは喧嘩して良いのではないだろうか。

私はオトナになりきれなくて、意見の違いを知りたくて、理解し合いたくて、喧嘩を売ってしまうところがあるのですが。。。上手く理解し合える時もあるけど、撃沈されることもあるね~(^_^;)

仲直りするために謝る勇気も経験しないとね。。

必ずしも同意できなくても良い、違うんだと分かって認めることができれば。

どうしても自分の意見が正しいと思うかもしれない、同意するのが悔しいこともあるかもしれない、それはそれで良い、違うからと言って相手を責める必要はない。

それより、違うと伝えればいいのだ。違うとお互いの意見を理解できれば、わたしは同意できないと伝えればいいのだと思う。

自分が正しいという事に同意してもらえないのが悔しく思うかもしれない。でも人は誰も人の意見を支配できない・・・理解してもらえるだけだ。

組織の中では、違う中でも合意点を見いださなければ、組織では良いものは生まれない。逆に、違うものから見いだした発展的な合意なら、良いものを生みだす要素になる。

気ままのぶつけ合いは論外ね!あしからず!

職場にしろ、学校にしろ、家庭にしろ、支配者は要らない、必要なのはリーダー。

そして、理解し合うように努力する仲間的感情だと思う。企業だと同じ目的意識かな。

リーダーは偉いわけではない、組織を纏めるために必要な存在、他のメンバーより上でも下でもない。リーダーに必要な要素は、その組織内で必要としている経験や技術、そして思いやり(柔軟さ)だろうと思う。

学校でいじめれてる子どもを助けられる子どもは、いずれリーダーの立場になれる子だろう。

これからは学力よりEQ力なんだろうね。そういう子が多く育てほしいと願うばかりです。

2006/12/22

ダブルタスクの危険!

あああああああ~。やちゃいました。

皆様、一部「へ?」って思う年賀状が届く方があります。

申し訳ありません。正月の初笑いとおもって、大いに笑ってください。

文章等の間違いはありません。

先日、CNNでダブルタスクの危険の話をしていたけど。。。

最近はコンピューターで仕事をするようになって、大抵の人たちは1つ以上の仕事を同時にこなしているそうです。

そのせいで、集中力が低下し、間違いが多いし、実際仕事以外でも集中力が落ちている傾向にあるとのこと。

う~ん実感!

最近、あまりに心配になり、DHA(ドコサヘキサエン酸)を飲み始めました。

気分かもしれませんが、いくらか効いてるような・・・・

2006/12/20

良い本だ~。

モタ先生が亡くなったとニュースを見た直後にコンビニで見つけて買った本。

時間がある時に読もうと鞄の中に入れてあったんだけど、なかなか読めなかった。

夕べ、ゆっくりかみ締めながら、お風呂の中で読みました。まだ全部読んでないけど、残り1/3かな。

今月は忙しくて、帰宅が遅くなってばかりで、シャワーばかりだったし・・・。夕べは半身浴しながらの読書いいですね~。胃腸の調子回復!

やっぱり身体が冷えてたから、胃腸がイマイチ調子悪かったんだ~。この時期、なにかと気忙しい上にアルコールを大量に身体に入れるとダメですね。

女性は特にアルコールは身体を冷やすので気を付けなきゃ!

そうそう本の話!斎藤茂太著 いい言葉は、いい人生をつくる―いつも私は「言葉の力」を味方にしてきた

内容は笑えたり、納得したり。とにかく心に良い感じ。

「つまらないのは誰だ?自分かな?」とか、「できない思いこみも、できる思いこみも強さは同じ。」とか「ムダにしたと思うな、ムダにしないと思え」とか

そうそう、ミサワホームの社長の話があった。

採用面接の時、必ず聞くそうです。(わたしも今度 この質問使うつもりです!)

「あなたは運の良い方ですか?悪い方ですか?」

さてどちらを採用するでしょう?

とても同感!以前から同じ事を思ってたのでうれしい。

一読お薦めします!

2006/12/11

親友とドライブ

きのう、小学生以来の親友と1時間程度のドライブへ

本当はお昼から出かける予定だったんだけど、友人の町内の予定が入って短いドライブになった。

どこ行く? 1時間くらいしか時間ないから隣町へ行ってみるか。

そうだ、久しぶりに母校へ。

当時は無かった真新しい校門を入ると、2人同時にあっ!変わってない。でも、小さい!生徒昇降口と職員玄関がならんでるんだけど。

高校生の頃は、圧迫感を感じてたんだろうね。大きく見えてた。 毎朝、怖い先生が立ってたものね。

その後 校舎を外から見て歩き、私の所属していた陸上部のグランドへ、サッカーのゴールがグランド中央近くにある。これは、サッカー部と陸上部の力関係は私がいたときとは変わったようだな。 

テニス部、、弓道部、剣道部、柔道部、部室、プール、食堂、私たちの頃は無かったとかあったよ、などと話しながら 、学校を一周、懐かしい、あ~、あのころに戻りたい。

楽しんでたし、悩んでたよね、

今の精神年齢で高校生に戻れたら、勉強すること、何もかもが楽しいだろうね。

友人は今、お年頃の娘のことで 凄く心配な問題を抱えてる。

駐車場に戻ると、警備のおじさん。「どうしました?」と声をかけられ、「卒業生なので、見学してました。先生はどなたかいらっしゃいますか?」と訊ねると、丁度、修学旅行から帰ってきたばかりで、生徒も先生も帰ったばかりだという。

以前、同級生が先生として母校に帰ってきたと聞いていたので、まだ居るか訊ねると分からないとのこと、しばらくしたら先生たちの写真が載っている、学校新聞を持って来て見せてくださった。「私も50年前の卒業生なんだよ」「え~!」なんという奇遇。

定年して第二の職場だそう。

学校新聞を見ると、居ました Iくん。「あら~!オヤジになったわね。あ!Bくんも居るよ! 彼も戻って来たんだ~。」 2人そろって、2年の担任。ああ、一番大変な年頃や~。

50年前の卒業生に今の後輩たちはどうですか?と質問すると。

のんびりした校風は変わらないが、何もかもが甘やかされて何もできない子が多いとのこと。そういえば、Iくんが今の高校生は小学生のようで大変だと嘆いていたっけ。。。

先輩との会話を10分ほど楽しんで、友人宅へと車を走らせ、車中、2人で来てよかったねと。。。。。

自分たちの高校生活が友人たちに囲まれ、家族や先生に愛されて生活していたと あらためて感じ、暖かい想い出がよみがえり、とても満たされた気持ちになった。

友人は 今 彼女の娘が悩みながら生きている、あのころの彼女自身と同じ、娘を信じて待てばいいと思ったようだった。

お天気も良く、充実したショートドライブだった。

2006/12/07

10歳年上の友達と10歳年下の友達

今日の地元紙 河北新聞の夕刊の100万人の輪にのコーナーに

25年飲食店を経営されてる方のインタビューがあった。

そのなかに

彼女が先輩に「10歳年上と10歳年下の友達を持つと世の中をつかみやすい」と教えられたとありました。

なるほどね。 確かだわ~。教えられること多いです。

最近は世代を超えたつきあいってなかなかないのかもしれませんね。

お陰様で私は、趣味活動の中で世代の違う方と接すことが多いのですが、スポーツジムや書道、乗馬は小学生と同じレッスンをすることもあります。

姪っ子・甥っ子と同じ世代になるわけだけど、クラスメイトだから、新鮮につきあえますね~。ある意味ライバルだし(^-^)

あ!ご近所さんにも恵まれて、年上、年下の方と年に数回 食事会をしてますね~。

10歳年上と10歳年下の友達いらっしいますか?

人生にふくらみがでると思います。

あらためて、友人たちに感謝です。