« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006/11/30

まさか?? いじめた人間に罰則?

え? 小学生にも? まさか~。

もちろんいじめた人間は悪いのですが・・・・

世界中、いじめって無くならないと思いますよ。

人間が3人以上居れば、起こりうる。

罰則より、それぞれの立場になったときに解決する力を付けるのが教育ではないかな~。罰則で管理するのが教育?

この提言を聞いたとき、教育現場はかなりの管理社会になってるかも?と恐ろしくなりました。先生たちも病気になるよね。

いじめはすでに家庭の中からある。嫁姑、兄弟姉妹、親子、親戚、ご近所、職場 あらゆるグループ。その関係で3人以上が関われば起こりうる。その関係を自分に有利にコントロールしたいと思う人間が1人いると起こる。

自分の考えをグループの中のマジョリティにしたい。そしてマイノリティになったものを攻撃する。

国籍、人種差別もそうだ。相手と自分の違いを認めようとするのではなく、攻撃する。

アメリカに居たときに、国籍差別をするのは差別される人たちの中で教養の無い、弱い人たちが多いと感じた。貧しく学校に行けないということがあるのだろう。常に自分たちよりマイノリティを捜して、攻撃し、彼らよりBetterであると感じ安心している。

もちろん、教養があって、凄~くお金持ちの人たちの差別は、また別な形の差別ですがね~。特権意識?逆なマイノリティ意識ですかね。

それはここではいいか。

いじめも同じ。弱い自分を隠すため、守るため、味方を付け自分より弱い人間を攻撃する。

私たちの小さい頃からあった、しかし、ガキ大将がいて仲裁してた、そして子分にする構造。 表だった形だったので、先生も指導しやすかったんでしょう。大抵、ガキ大将は有る程度正義感の強さもベースにあったしね。

個人個人 人と違って良い。喧嘩は1対1で。意見、文句は直接相手に言いましょう。自分を有利にするために陰でコソコソ仲間を作るな、卑怯者!って

価値観は今の教育現場にはないのかもね~。

産経新聞http://www.sankei.co.jp/local/tokyo/061130/tky003.htm

2006/11/29

リーダーは危機に遭っても元気と勇気

今日のなるほど

日経レストランの12月号の特集で冒険家 三浦雄一郎さんのインタビューより一部抜粋

リーダーはピンチの時でも上機嫌でなくてはならない。リーダーが「頂上に行くんだ」と旗印を常に掲げるからこそチームがついて行く。

ピンチの時は危険を承知しても空元気で良いから、陽気さと元気は必要

「死ぬかもしれない」と冷静に危機を感じ、対処法を探りながら、しかし元気と勇気。この矛盾した要素を持ち合わせることこそ、危機を乗り越えられるリーダーの条件。。。

なるほどな~。

2006/11/27

あの大統領を接客した新川社長の講演に参加

(株)HUGE社長の新川義弘さんの講演が仙台市内であった。

新川さんはあの小泉首相・ブッシュ大統領が居酒屋で日米会議を行ったことで話題になった時に接客を担当された方。

私も兄も彼の著書「愛されるサービス」を読んでいる。

今回のセミナーは吉田酒店さんのお取引先対象のセミナーでしたが、取引先でもないのに、吉田社長を拝み倒し、無理矢理に参加させて頂きました。吉田社長!本当にありがとうございます。兄にも参加したいと言ってたんですが、地元の食材についてのセミナーがあり、断念。

実際、満席のところを立ち見でもいいのでとお願いした立場で、兄も一緒にと頼むのも気が引けましたしね(^_^;)

講演は2時間バイタリティ溢れるものでした。東京でレストラン業に従事されてから20年以上のキャリア。現在、銀座に客席数100席以上の話題のお店DAZZLEを構え、それまでの経験やそこから培われた、お客様との関わり方とスタッフ教育の重要性などのお話はわかりやすいものでした。(著書にも載ってます!)

なるほどと思うことが多々あったのですが、一番印象に残ったのは、アルバイトスタッフ教育の時給査定の中で、技術面ではなく、笑顔が良いやMr.Mss.Dazzleとしての意識 という項目があるそうで、素敵ですよね。

それから、新川さんでも毎日100%サービスができているか?と言われれば Yesではないとのこと、それでも100%を目指して日々努力していくことだとお話しされてましたね。

講演終了後、以前Dazzleに行ってすっかり新川さんのファンになった友人も会場で新川さんの著書を購入。サインして貰ってました。う~ん、私も持参すれば良かった。。。

もうすぐ、3店舗目をオープンされるとのこと、益々のご活躍が楽しみです。新川さんのご実家は仙台にあり、彼のお姉さんと陶芸教室でご一緒して、とも良くして頂きました。

お姉さんも気配りの方で、素敵な方ですよ!

2006/11/24

NPOインターネット推進研究会のクリスマスパーティ

このNPOに参加するようになって、もう6、7年くらいになりますかね~。。

今年創立10周年なんですよ。ML(メーリングリスト)で繋がった会員の集まりなんですが、300名を越す人数です。仙台ではかなり有名。仙台でインターネットについての情報が一番集まるMLかもしれません。

私自身、この会のお陰でホームページを作成できる様になったも同然。その恩返し?

ボランティアで運営委員として活動をしています。主には毎月のようにIT関係のセミナーを開くための準備や活動なんですが、結構大変です。(^^;)

でも、ボランティアって勉強になるのです。いろいろ・・・普段繋がらない方たちにも出会うしね。

毎年12月は忘年会をかねて、普段ネットでしか繋がっていないメンバーとの顔合わせということで、クリスマスパーティを催します。

今年は、同MlLで募ったメンバーでバンドを結成。そのバンドの演奏もある。ここ数ヶ月みんな手弁当で練習を重ねてきた。

それまで一度も会ったことのないもの同士が会ったその日から練習はじめたんですから~!ま、運営委員のメンバーも多いので全員会った事がないわけでもないけど。。。。ネットという道具があったからこその繋がりではあるますよね。

詳しい活動報告はこちらー>http://slaboband.seesaa.net/

さて、私も恥ずかしながらそのメンバーの1人。。。宜しければ見に来てください。あくまでも素人ですので、あしからず・・・・・・・・・(^_-)(^O^)(^_^;)(-_-;)

バンドの演奏の他、ゲームもあり、景品がでます。食べ物もでますし、飲み放題です。

弊店のオリジナルの日本酒 純米大吟醸も景品です。

ご興味のある方は是非お申し込みを。

【開催要項】
◇日時:2006年12月8日(金)午後6時半受付 7時開演~9時終了
◇会場:Club SHAFT
     仙台市青葉区国分町2-10-11 吉岡屋第三ビル4階
     TEL 022-722-5651
     http://www.clubshaft.com/
地図はこちらです↓
http://maps.google.co.jp/maps?q=%E4%BB%99%E5%8F%B0%E5%B8%82%E9%9D%92%E8%91%89%E5%8C%BA%E5%9B%BD%E5%88%86%E7%94%BA2-10-11

◇会費:事前予約 3500円
     当日参加 4000円
◇ドレスコードはカジュアル可。

☆お申し込みはコチラ↓↓↓をクリック!
http://www.ITsendai.com/slabo/seminar/

※研究員でなくともかまいませんので、ぜひぜひご参加くださいませ!

2006/11/18

久しぶりに転びました!

笑ってしまうくらいの大転倒!

スーパーに行こうと、車を止めて、店内に入ろうとしたら暗くて段差が見えなくて・・・

マジ転び! 子どもの時以来の大転倒です。両方の手のひら、左膝、お尻、肘と擦り剥けました。痛いです! 一瞬、おかあさ~んって叫びたくなりました。子どもの頃の記憶がよみがえった感じです。でもね、大人なので、何食わぬ顔で立ち上がり、スーパーへ。

も~う!ボジョレーを頂いて、ウキウキと、つまみは何にしようか、チーズかな?パスタ?なんて考えてたせいですよね~。

P1000452 ここ数年、輸入元に勤めている親戚から頂いてます。

Hiza

恥ずかしながらの膝小僧!痛いです!

2006/11/08

文化の日に日本酒を楽しむ会に参加して

先日の11月3日(祝)に友人の利き酒師に誘われ、日本酒を楽しむ会に参加。

主催者は東北大の学生さんたちだったので、参加者ほとんどが学生さん。

95%は男性でした。嬉しいですね。若い方たちに日本酒を楽しんでいただけるのは!

宮城は美味しい日本酒を作っている、国内一番の県です。

美味しい酒とは、純米酒、吟醸、大吟醸ですね。手間のかかる贅沢なお酒です。

県内醸造の85%はその贅沢なお酒なのです。

最近 注目の食中酒のコンセプトを打ち出したのも宮城県のお酒です。

今回は県内の新鮮なお魚も一緒に食し、大満足!

日本酒の美味しさを堪能しました~。

詳しい内容はこちらhttp://www.field-and-network.jp/shoku/index.html

フランス人男性のようにワインを自慢するように、素敵な日本人男性が日本酒を世界で自慢する様になることを 想像しながら、ウキウキした気持ちで帰宅しました。

利き酒クイズでは、これまた珍しいお酒 「柱焼酎仕込み日高見」を頂き、感激でした。

柱焼酎仕込みは初めて聞きました。現在、日本酒は味の調節に、醸造用アルコールを入れますが、江戸時代に焼酎を入れていたそうです。

美味しかったです。

最近、酒蔵では米焼酎をつくる動きがありまが、醸造用アルコールの代わりに、自家製焼酎もいいのでは? な~んて、素人考えですね、そんなに簡単ではないんでしょうけど。