« 昨日は・・・ | トップページ | テレビが壊れた! »

2006/07/05

親の看護。。。

ひさしぶりのブログ。いろんな事があったのに書けず過ぎてしまった。

ここ数日、友人たちの親の看護についての話が続いた。

1人はお父さん 1人はお母さん もう1人はご両親。

3人ともそれぞれ大変そう。

わたしの両親は他界しているのですが。。。

親が元気がないのを見るのは子どもにとってはとてもつらいものです。

そして、親はいつまでも元気な存在であると信じていたのに、違うことに気づかされた時のショックは今も忘れません。あたまで分かってはいたのですが、現実に直面したときにしか分からないものがあったのです。

その上、病気での長期の入院、看護は、それぞれの家族ごとでしか分からない事情があったり、肉体的な負担にも、精神的な負担にもなります。

私の場合は、両親とも突然他界しましたので、看護はできませんでしたが、数年前、1人暮らしの伯父の末期に数ヶ月ですが、毎日病院に通い、付き添いました。

両親にできなかったのことを伯父にする事ができて感謝してます。

娘ではない私に遠慮があったのでしょう。私がすることは側にいて話を聞いたり、ちょっとした手助け、何かあれば看護師さんを呼ぶくらいのことで、とても手のかからない病人でした。

友人たちの話を聞くと、やっぱり実の親子だからな~。と思い、自分の両親たちはどうだったのだろうと考えます。

わたしは伯父の看護でたくさんのことを学んだと思います。

そのとき起きた出来事や感情、周りの人との関わりなど普段見ない、見えない、気づかないことを感じ、考えることになりました。

大げさかもしれませんが、生き方を以前より考えるようになったかもしれません。

友人たちも今は大変そうですが、それぞれがんばって、乗り越えて行くだろうと思います。

「明けない夜はなく、明日はまた新しい明日。」

« 昨日は・・・ | トップページ | テレビが壊れた! »

サクラとKUROの女同士の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 親の看護。。。:

« 昨日は・・・ | トップページ | テレビが壊れた! »