« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006/07/20

峩々温泉 (ががおんせん)

先日、久しぶりに同級生と温泉に行って来ました。

宮城蔵王の峩々温泉

30年くらいぶり? 祖母と小学生のころ湯治に行ったことがあります。そのころはまだエコーラインが有料で、料金所があり、その手前を青根方面に入っていくと谷になっている川の畔に古~い温泉がありました。名前もなんとなくおどろおどろしい感じで、地獄谷にでも連れてこられたのかと思った記憶があります。

16年前に改装して綺麗な旅館です。今の従業員の方では30年前のことを知ってる人はいないそうです。

到着は4時頃、夕食は5時半という事だってので早速温泉へ。

露天風呂が4種類、内風呂が3種類でした。

露天風呂は明るいと旅館に来る時に通ってきた道路から丸見え、かなり開放的です。。夜になると混浴になるそうです。

私たちも開放的に入浴しました。(*^_^*)(^^;)

内風呂はぬる湯・あつ湯とあり、あつ湯は横になって患部にお湯を掛ける入浴方法。

この温泉は透明で飲める温泉、胃腸に良く効く温泉です。

夕食は自家製のソーセージや焼き筍など、とてもおいしく頂きました。

P1000155_1 P1000156

食事後は部屋に戻り、おしゃべり。女3人寄れば姦しいのですが、今回は友人の家族に病人がいたり、看病を終えたりだったので、テレビのある部屋ではあったのですが、何となく穏やかに側を流れる川音と雨音を聞きながら過ごす形に。

胃腸に聞く温泉水のせいか、お酒を飲む気になれず、お水ばかり飲んでました。おいしい水です。

しばらくすると、部屋にあったトランプをはじめ、ババ抜きやら七並べ、ページワン。

ルールは3人で思い出しながら・・・

久しぶりのゲームに子どもの頃のように笑い、穏やかな時間を過ごしました。

良い休暇でした。

ここの女将のエッセイが 雑誌「りらく」 に掲載してるようです。

弊店で使用している炭を焼いてくださっている佐藤さんのエッセイも載っている雑誌です。

2006/07/14

世界を魅了する「日本力」

本日、1時間ほど講演を聞きに行ってきました。

富士ゼロックス宮城(株)さん 主催の「ビジネスソリューションフェアー2006」のセミナーで午後の基調講演でした。 ゼロックスさんはいつもおもしろいセミナーを企画してくれるので、時間があるときは行くようにしてます。

今回も、どの講演もおもしろそうで、昨日、今日の2日間とも行きたかったのですが、テレビでもコメンテーターとして活躍されてる、信基礎研究所 主席研究員 伊藤洋一氏の話を聞きに行ってきました。

おもしろかったです。

30分遅れ途中から入室したので、はじめの方は聞き逃してしまいましたが、

ポイント(レジュメから)

  • アジアの中心に世界経済は拡大期
  • そのなかでの”はまり”の日本経済と企業
  • 素材不足・ヒト余りの時代
  • 顕現化する物価上昇圧力、インフレへの備えを
  • 地歩を固める日本経済
  • 立ち位置を変える中国とインド
  • 中国、インド韓国経済に存在する死角
  • 世界的に”上げ”基調の金利
  • 日銀はゼロ金利政策を解除へ->市中金利も上昇に
  • 激震を伴うパラダイム・シフト=再拡大への歩み

タイトルだけでもおもしろそうでしょう!

日本力はやはり、

技術力・高い教育水準・島国で海外に対する知的好奇心の強さ。

へ~!だったのは。

日本の歴史で人口減少、人口横ばい期の江戸享保以降の100年の話。

全体的な特徴 

  • 低成長経済
  • 各藩の財政悪化
  • 凶作の発生(享保の飢饉)

打開の動き

  • 米以外の産物、その他の得意な産物の生産
  • 特産品全国流通へー>より良い商品の選別
  • 産地名を冠にした商品 ブランド化
  • 産地間競争 製品磨きの進展

人口減少下の経済は、やはりITを活用した経済・・・・・御用聞き。

韓国と北朝鮮の関係の韓国の本音や中国、インドの話もおもしろかったですよ。

中国の1人あたりのGDPが1500ドル 北朝鮮400ドル 韓国14000ドル 

インド経済、韓国経済の財閥企業が占める割合など・・・

もう へ~!!! でした。

韓国の出生率が日本より低いと言うのもへ~!でしたね。

講演に関する内容はこちら→クリック(今回渡されたレジュメです)

2006/07/13

宮城の女性のパワーに圧倒されました。

昨日、アットシステムの社長さんの紹介で

「みやぎの産業を元気にする女性のつどい」に参加しました。

今回は、みやぎ食 一次・二次・三次産業マッチング交流会とのことでした。

何か良い食材との出会いを求め、参加しました。

食材生産者のPR、サービス業からのPR、1人7分間の持ち時間で話しきれないほどの熱い思いを大勢の参加者の前で話しているパワーはすごい。

試食の間も、熱心な商品説明。。。宮城の女性の底力に宮城はこれから益々楽しみだな~!と感動し、知らない食材がまだまだあるんだな。。。と勉強不足を反省。

閉会後の懇親会に参加していろいろ話を伺いたい思いでしたが、残念ながら予定があり断念。。。懇親会も盛り上がった様子。

詳しくはITベンチャー女性経営者のブログでご覧ください。

みやぎは、おもしろい!

2006/07/07

テレビが壊れた!

とうとう壊れました。

以前からスイッチ入れてもなかなか画面が映らない。初めのうちは数分でついていたのがだんだん映るまでの時間が長くなっていた。

先日なんか、スイッチを入れたのを忘れて、家に帰って来たら、テレビが映っている。

我が家のペット KURO(うさぎ)はちょうどテレビの反対側にケージがあり、テレビを見るのにはちょうど良い場所。家に帰った時のKUROの顔が「ママお帰り今日はとても楽しかったよ~!」と言ってるように見えました。・・・・かなり楽しい一日を過ごしていたようです。

うそ~!と声が聞こえそうですが・・・はい!親ばかです!

いつもは「さびしかったよ~!」って顔で見るのです!

このテレビ20年前にビデオデッキセットで15万くらい。

結構 高かった! ま!20年も使えば十分もと取ったかな~?

今度は薄型化~。もう少し値段下がるの待つべきか・・・・

やっぱりアクオスかな~と思っているのですが。

楽天で安いのみっけました。78000円 安くない?

【PCモニター『アナログRGB入力端子』&D4端子搭載】SHARP 20V型 液晶テレビ AQUOS(アクオス)(L...

2006/07/05

親の看護。。。

ひさしぶりのブログ。いろんな事があったのに書けず過ぎてしまった。

ここ数日、友人たちの親の看護についての話が続いた。

1人はお父さん 1人はお母さん もう1人はご両親。

3人ともそれぞれ大変そう。

わたしの両親は他界しているのですが。。。

親が元気がないのを見るのは子どもにとってはとてもつらいものです。

そして、親はいつまでも元気な存在であると信じていたのに、違うことに気づかされた時のショックは今も忘れません。あたまで分かってはいたのですが、現実に直面したときにしか分からないものがあったのです。

その上、病気での長期の入院、看護は、それぞれの家族ごとでしか分からない事情があったり、肉体的な負担にも、精神的な負担にもなります。

私の場合は、両親とも突然他界しましたので、看護はできませんでしたが、数年前、1人暮らしの伯父の末期に数ヶ月ですが、毎日病院に通い、付き添いました。

両親にできなかったのことを伯父にする事ができて感謝してます。

娘ではない私に遠慮があったのでしょう。私がすることは側にいて話を聞いたり、ちょっとした手助け、何かあれば看護師さんを呼ぶくらいのことで、とても手のかからない病人でした。

友人たちの話を聞くと、やっぱり実の親子だからな~。と思い、自分の両親たちはどうだったのだろうと考えます。

わたしは伯父の看護でたくさんのことを学んだと思います。

そのとき起きた出来事や感情、周りの人との関わりなど普段見ない、見えない、気づかないことを感じ、考えることになりました。

大げさかもしれませんが、生き方を以前より考えるようになったかもしれません。

友人たちも今は大変そうですが、それぞれがんばって、乗り越えて行くだろうと思います。

「明けない夜はなく、明日はまた新しい明日。」