« 世界を魅了する「日本力」 | トップページ | 私はスープラ? »

2006/07/20

峩々温泉 (ががおんせん)

先日、久しぶりに同級生と温泉に行って来ました。

宮城蔵王の峩々温泉

30年くらいぶり? 祖母と小学生のころ湯治に行ったことがあります。そのころはまだエコーラインが有料で、料金所があり、その手前を青根方面に入っていくと谷になっている川の畔に古~い温泉がありました。名前もなんとなくおどろおどろしい感じで、地獄谷にでも連れてこられたのかと思った記憶があります。

16年前に改装して綺麗な旅館です。今の従業員の方では30年前のことを知ってる人はいないそうです。

到着は4時頃、夕食は5時半という事だってので早速温泉へ。

露天風呂が4種類、内風呂が3種類でした。

露天風呂は明るいと旅館に来る時に通ってきた道路から丸見え、かなり開放的です。。夜になると混浴になるそうです。

私たちも開放的に入浴しました。(*^_^*)(^^;)

内風呂はぬる湯・あつ湯とあり、あつ湯は横になって患部にお湯を掛ける入浴方法。

この温泉は透明で飲める温泉、胃腸に良く効く温泉です。

夕食は自家製のソーセージや焼き筍など、とてもおいしく頂きました。

P1000155_1 P1000156

食事後は部屋に戻り、おしゃべり。女3人寄れば姦しいのですが、今回は友人の家族に病人がいたり、看病を終えたりだったので、テレビのある部屋ではあったのですが、何となく穏やかに側を流れる川音と雨音を聞きながら過ごす形に。

胃腸に聞く温泉水のせいか、お酒を飲む気になれず、お水ばかり飲んでました。おいしい水です。

しばらくすると、部屋にあったトランプをはじめ、ババ抜きやら七並べ、ページワン。

ルールは3人で思い出しながら・・・

久しぶりのゲームに子どもの頃のように笑い、穏やかな時間を過ごしました。

良い休暇でした。

ここの女将のエッセイが 雑誌「りらく」 に掲載してるようです。

弊店で使用している炭を焼いてくださっている佐藤さんのエッセイも載っている雑誌です。

« 世界を魅了する「日本力」 | トップページ | 私はスープラ? »

仙台のおいしいこと・楽しいことなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 峩々温泉 (ががおんせん):

« 世界を魅了する「日本力」 | トップページ | 私はスープラ? »