« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006/06/19

昨日は・・・

昨日のジーコジャパン暑い中よく頑張ったね。

あの時間に2試合戦うのはトーゴと日本だけらしい。

やっぱり、スポンサーの関係なのでしょう。。。

日本での放送が10時からと夜中12時では視聴率全然違うものね。

ワールドカップってすごい経済効果あるんだろうな~。

経済効果と言えば・・・

昨日の昼間 「多文化共生を考えるシンポジウムin みやぎ」に行ってきた。主催(財)未来の東北博覧会記念国際交流基金 主管(財)宮城県国際交流協会 協力在仙台オーストラリア領事館、宮城日豪協会

(財)未来の東北博覧会記念国際交流基金?へ?と思いながら。災害通訳ボランティアに登録してるのでその関係でDMが届いたみたい。

多文化共生ってなんだろう?と思い行いくことに。 余り知られてないだろうと思って行ったのだがP1000123 ・・200定員の会場はほぼ満席でびっくりです。

内容は(webにあるかと思ったら載ってないのでチラシの内容を簡単に記載します)

特別講演

「多文化暮らしを楽しむ方法ーオーストラリア生活30年の達人が語る」

講師 杉本 良夫氏 オーストラリア・ラトローブ大学教授

鼎談

「日本が多文化共生国家として生きるための智恵」

登壇者 杉本 良夫氏・ 田村太郎氏(多文化共生センター理事)・J.F.モリス氏(宮城女子大学教授)

残念ながら講演の後半から会場に入ったので、杉本先生のお話が中途半端になってしまって、後悔。。。先生が最後のまとめでお話しされたので印象に残ったのは、以下の2つ

移民の場合その国の言語習得は不可欠。言語能力が上がらないと、その社会での階層のステップアップは見込めない。

多文化共生とは多民族共生と言うことだけではなく、ある意味たくさんのマイノリティ文化との共生とも言える。たとえば、社会の中の女性と男性、中小企業と大企業、地方人と都会人。。。など。

鼎談では宮城の国際化・多文化共生についてのパネルディスカッションだったが、三者それぞれ興味深い話でだった。田村氏は関西弁、モリス先生は仙台弁でユニーク。

内容はいろいろあるけど。。

モリス先生の東北は外国人の横のつながりが少ない。外国人花嫁の支援と花嫁だけでなくその家族も支援が必要という意見なるほどと感じだ。

田村氏の話では、永住者資格を取って、日本で年老いた人たちのサポートを考えなければならない。老人ホームなどで通訳派遣を依頼されるという話や就労ビザの問題。

日本は高能力の人材を条件で就労ビザを発行してるが一番多い就労ビザの中身はエンターテナービザ、そして研修生と称して単純労働力を入れてる実態など。

杉本先生はオーストラリアでのESLの充実や以前白豪主義の考えがあったが、多文化共生国家へ変革したことや移民者への選挙権の考え方など。

総務省は国の政策として多文化共生国家を目指すらしいが、まだまだ問題山積という感じがしたのでした。。。

少子化だし、経済的発展を考えると移民も考えなければならないカモね~。

2006/06/07

『世界がもし100人の村だったら』

最近、イヤなニュースばかり続きます。日本はどうなって行くのか。。。

先日、フジテレビ(6/3)で、ストリートチルドレンや13才で2児の母親になる子どもなどの話を見て、鼻が痛くなるほど大泣きしました。本当は声を上げて泣きたいくらいでした。。。(^_^;)(;_;)

以下は中野裕弓さんのページからのコピーです。http://www.romi-nakano.com/100-2.html

もし 現在の人類統計比率をきちんと盛り込んで、全世界を人口100人の村に縮小するとしたらどうなるでしょう。

その村には・・・・
  57人のアジア人
  21人のヨーロッパ人
  14人の南北アメリカ人
  8人のアフリカ人がいます。

  52人が女性で
  48人が男性です。

  70人が有色人種で
  30人が白人

  70人がキリスト教徒以外の人たちで
  30人がキリスト教徒

  89人が異性愛者で
  11人が同性愛者

  6人が全世界の富の59パーセントを所有し、

その6人ともがアメリカ国籍

  80人は標準以下の居住環境に住み
  70人は文字が読めません
  50人は栄養失調で苦しみ
  ひとりが瀕死の状態にあり、ひとりは今、生まれようとしています
  ひとり (そう、たったひとり) は大学の教育を受け
  そして ひとりだけがコンピューターを所有しています

もしこのように縮小された全体図からわたしたちの世界を見るなら、相手をあるがままに受け容れること、 自分と違う人を理解すること そして そういう事実を知るための教育がいかに 必要かは火を見るより明らかです。

 また、次のような視点からもじっくり考えてみましょう。

もしあなたが今朝、目覚めた時、健康だなと感じることが出来たなら・・・ あなたは
今週生き残ることのできないであろう100万人の人たちより恵まれています

もしあなたが戦いの危険や、投獄される孤独や、獄門の苦悩、あるいは餓えの悲痛を一度も経験したことがないのなら・・・・・ 世界の5億人の人たちより恵まれています

もしあなたがしつこく苦しめられることや、逮捕、拷問または死の恐怖を感じることなしに教会のミサに行くことが出来るなら・・・・ 世界の30億の人たちより恵まれています

もし冷蔵庫に食料があり、着る服があり、頭の上には屋根があり、寝る場所があるなら・・・・あなたはこの世界の75パーセントの人々より裕福で

もし銀行に預金があり、お財布にもお金があり、家のどこかに小銭の入ったいれ物があるなら・・・・・ あなたはこの世界の中で最も裕福な上位8パーセントのうちの一人です

もしあなたの両親がともに健在で、そして二人がまだ一緒なら・・・・・それはとても稀なこと

もしこのメッセージを読むことができるなら、あなたはこの瞬間 2倍の祝福を受けるでしょう。 なぜならあなたのことを思ってこれを伝えている誰かがいて、その上、あなたは全く文字の読めない世界中の20億の人々よりずっと恵まれているからです

昔の人がこういいました。  わが身から出づるものはいずれわが身に戻り来る、 と。

   お金に執着することなく 喜んで働きましょう
   かつて一度も傷ついたことがないかのごとく 人を愛しましょう
   誰も見ていないかのごとく 自由に踊りましょう
   誰も聞いていないかのごとく のびやかに歌いましょう
   あたかもここが地上の天国であるかのように 生きていきましょう

このメッセージを人に伝えてください、そしてその人の一日を照らしてください。
 
 

アメリカの友人からのメッセージ 3.2001
 作者不詳          訳 なかのひろみ
(前半はDonella Meadowsさんの The Global Citizen 5/31/1990 掲載原稿が原本といわれています。 
この訳文が元で、後に「世界がもしも100人の村だったら」マガジンハウス・池田香代子再話のベストセラーに)

上記コピー掲載についてこちらのページで確認しました。http://myako.net/peace/nakano.html