« 照明の取付工事 | トップページ | グルメ特捜隊2 »

2005/06/01

 アッという間 その12 「トイレでこっそり泣く」

伯父との対立であまりにも分からず屋なので悔しく、情けなくなり事務所のトイレで泣いたのは数えられないほど。

ある時、スタッフの女性が店の裏で泣いていたことがあった。どうしたのと訊ねると、料理長(今は退職)に怒られたらしい。彼女は納得がいかないらしく、必死に涙をこらえていたが、目から溢れるものが止まらないようすだった。

正確な内容は忘れたが、彼女の言い分もわかり、彼女にとっては理不尽だと感じるのだろうと思った。

そのとき私が、上司に理不尽だと思うことで叱られたり、意見が合わないことは当然会社に勤めていたらあることです。私も何度も泣いてます。と言ったら彼女が驚いた顔で、「私は今まで一度もなかった」と言う。しばらくして落ち着くと、素直で頑張り屋の彼女は「私が子どもで甘かった。」と言って笑顔で店に戻っていった。彼女はそのとき40代半ばだったと思う。

この仕事を12年、仕事は同じ仕事を10年以上やってはじめて見えてくるものが有り、はじめて感じる楽しみもあると思うようになってきた。

そのスタッフはもう10年以上のベテランになり、今は仕事を楽しんでくれているようだ。

振り返って見ると、20代前半は仕事はお金を稼ぐもの、お茶くみ、コピー取りぐらいの仕事しか与えられなくてつまらなかった。。20代後半、肩書きが付いた。。。後輩への責任を感じるようになる。上司との対立はお構いなし、直球勝負! 30代、周りの調和を考え上司の性格を読み、いくらか対応が上手くなる。だって若い、真っ直ぐ、では済まなくなるもんね。すみませ~ん!ごめんなさ~い!の可愛い子ぶりっこ(言葉が古いかな?)も効かないしね。

9年前 私はルームメートが2人(日本人とイギリス人)いた。今は珍しくないが、ルームシェアーだ。2人は20代前半と半ば、仕事に対する不満、上司に対する不満や愚痴を聞く毎日だった。。特にイギリス人のルームメイト^^;

大変だと思うこともあったが、かなり自分自身を振り返ることになり、反省しきり(^^;)・・・・自分にとってもいい時間だった。

日本人のルームメートは「辞めたい!」と事あるごとに言っていたが、他にやりたいことが見つかるまで待った方がいいと説得した。

イギリス人のルームメートの話は毎晩聞いても収まらない。内容は同僚との対立。英会話スクールの女性教師同士のジェラシーかな・・・

ルームメートはあの有名なイギリスのK大学を卒業してるのに、美人で大したことのない大学卒の先生やら不真面目な日本人と酒盛りが上手な先生たちが人気があるのがおもしろくない。自分は教えるという仕事をまじめにやっているのに彼女たちは適当な先生たちだというのだ。

私は日本の英会話スクールの内幕をすこしは知っているので、彼女のスクールに限らず日本のスクール?英語教育?に問題もあるだろうからと、どうにかなだめすかしていた。

そして今二人は・・・・

日本人ルームメートは会社を辞めず、転勤願いを出し、自分の実家のある営業所に移って勤続10年以上になる。今は肩書きも付き、指導的なポジション、全国を出張で飛び回り、月に1週間ぐらいしか自宅で寝ないときもあるそうだ。時々仙台に出張に来たときは食事をするが、今は仕事が楽しい、あのとき辞めなくて良かったと言っている。

イギリス人ルームメートは一度イギリスに帰って、日本政府のプログラムで日本の中学校に勤めたが、1ヶ月で帰国した。私立の英会話スクールと違ったことができるかと思って期待しての再来日したが、がっかりしての帰国。

去年、高校時代の先輩(男性)から、職場の後輩がアメリカに視察に行くことになったが、アメリカの様子やもし友人がアメリカに居るなら通訳として紹介してくれないか?と電話があった。とりあえず、その後輩と会うことになり一緒に飲んだ。先輩の職場は10年前まで男性オンリーの職場で彼女が女性一期生だった。彼女も同じことを言っていたな、やはり10年かな。

そのとき地元大学の女子学生アルバイトの多い先輩行きつけのスナック(ママは同じ高校の大先輩らしい)に行った。私たちが飲みながら、10年も仕事をする間トイレで泣くことがなければ仕事ができるようにならないよね!なんて話してると、ある学生アルバイトが「そうなんですか~。私、就職決まって、春から働くんです。」という。

私と彼女で10年と思ってがんばるのよ!と励ましていた。 

実は男の人はもっと泣いてるのかもね。。。と先輩を見ると、女性も大変だな~!とぽつり。

« 照明の取付工事 | トップページ | グルメ特捜隊2 »

アッという間の12年シリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:  アッという間 その12 「トイレでこっそり泣く」:

« 照明の取付工事 | トップページ | グルメ特捜隊2 »