« 今日の楽天は西武戦 | トップページ | 出会いとは不思議なものだ~! »

2005/04/30

災害時通訳ボランティア

災害時通訳ボランティアの存在は以前から知っていた。しかし、なかなか登録する気にならなかった。通訳の様なことは以前知人に頼まれて何度かしたことがあった。あくまで友人として、でもそのたびに、いろんな難しさを感じていたので・・・ちょこっと会話ができるくらいで親切心と言え、やるものでは無い、少々関わりたくないような気がしていた。

一番しんどかったのは、留置場に行ったとき・・ガラス越しの通訳。資格もないし・・・と断ったのだが。友人の頼みでどうしても断れなかった。話の内容は決まっていると言うことだったのでそれ以外は話さないで、と頼んで一緒に行った。確か、10分くらいの面会だった。留置場などドラマでした見たことがないが、ドラマを見ているようだった。

留置されてる人は、日本人の奥さんと離婚で揉めていて、口論になり、彼の言い分ではちょっと彼女を払いのけたのが殴ったことになった。と言うのである。

オーストラリア人なのでなまりもあり、ガラス越し、聞き取りづらく、神経が参った。正直、二度とやりたくないと思った。

知人で警察の取り調べの通訳をしている人も、時給は良いんだけど、仕事をした後はかなり精神的に参るので、頻繁にはやりたくないと話していたっけ・・・

いろいろと災害が多いこの頃、宮城県で地震がある可能性も言われている。少しでもお役に立つことなら、それに災害時だけだしと思い 登録のためのレクチャーを受けることにした

内容は新潟で通訳として活躍されているブルネイ出身の方で、日本に嫁いで25年になる方の話だった。彼女が日本に来たときの差別の話(洗濯して干してるものをはさみで切られたり、汚されたり・・・etc)、新潟地震で被災した外国人たちが、避難所に入れてもらえなかった話、あの神戸の地震での外国人の遺体の処理など。。。胸が締め付けられた。

災害時のボランティアできるかな~。甘い考えだったかも?と自信がなくなった。国際交流協会の担当者は彼女のようなことまでは求めていません。と仰ったけれど・・いざ災害になったときは・・・登録を辞めようかなとも考えたけれど・・・・・

登録だけで終わらず、時々、レクチャーやトレーニングの機会を与えられるとのことなので、いくらか安心して、できる範囲での協力ということで登録することにした。

どこの国にも差別はあるが。。。

安い労働力のため? の研修生・実習生の話も嫌な日本の現実だ。。。

それから、あの列車事故身元の分からない遺体の中には外国人も居るだろうとも。。。国際化時代。。。そうだよね。

« 今日の楽天は西武戦 | トップページ | 出会いとは不思議なものだ~! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ほんと、Dollyには頭が下がる。素晴らしい!
そこまで考えている方が仙台や宮城にはどれほどいるんだろう?
疑問を激しく感じる。
僕に手伝えることがあればいつでも言ってね、Dolly。
あなたが取り組んでいること、きっと誰かが応援していますよ。

P.S 見つかったか!ちっ!(笑)

災害や困った事態に陥ったとき・・・、誰もが、不安や恐怖を感じる・・・。そんな中で、言葉が分からない人々は、もっと不安を感じると思います。
私も英語やスペイン語もろくに話せもしないのに、いろんな国に行きました。インドやメキシコで物を盗難にあった・・・。そのときはショックだった・・・。
私も語学が堪能なら・・・通訳ボランティアをしたいところですが・・・。

寺子屋ロケットさん・VARADA さん

コメントありがとうございます。

国際化社会いろいろありますよね。

イラクではまた人質事件・・・

戦争は無くならないのでしょうかね~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 災害時通訳ボランティア:

» 大地震 そのとき通訳者は [通訳という名の迷宮]
テレビ朝日で放送された「巨大地震は必ず来る!! 家族を守る5つの秘策」を見ながら [続きを読む]

« 今日の楽天は西武戦 | トップページ | 出会いとは不思議なものだ~! »