« さくらとコロ | トップページ | あっという間 その5 「がんばれ若き杜氏!!」  »

2005/01/28

アッいう間 その4 「親愛なるおじいちゃんたち!」

相変わらず 伯父の体調は良くならず毎日を過ごしていた頃。

伯父が今年の年賀状はどうしようかな~。と言い出した。
今年はめまいがひどく、手が震えるので無理だというのだ。

驚いたことに、伯父は毎年数千通の年賀状を手書きで送っていたのだ。毎年、暮れのぎりぎりまで書いていたとのこと。すごい。

データは25周年の記念にプリぺードカードをプレゼントをして集めていたものと、長年 ママとして店を切り盛りしてくれた彼女のアナログ的なデータだった。

彼女は仙台の置屋さんの娘だった方で、接客は天性のものがあり、お客様の顔と名前はすぐ覚えるすごい人だった。

この二人に接客業の極意を見たような気がした。。。

時々、店を手伝ったときは彼女の接客で教えられることが多かった。
昔の人は理屈は言わないで、見て覚えろ。なのでよく見ていたと思う。

経験に裏打ちされたことが大きいんだろうと思った。
今の時代にすべてが合うわけではないけれど、とても勉強になった。

年賀状。せっかく毎年続けていたのなら、やはり今年も送らなきゃ!
でも私は筆で宛名を書くのは無理、PCでデーターべース作りを始めた。

そのころやっと WIN3.1の機種が安くなってきたので私のためにリースで購入してくれた。
まだまだ大きな出費だ。。 まあ、DOSから比べるとソフトも安くなってきたので良いタイミングだった。
仙台にはアクセスポイントもまだない頃だが、全国的にはネットもだいぶ普及してきた頃だ。

毎日、毎日入力作業。。ママが持っていた未整理の山のような名刺の束も整理した。
お陰でテクノストレスに罹ってしまったようだ。

この病気、はじめは気づかなかった、肩こりがひどくなって、整形外科に1年くらい通っていた。
ある日事務所に遊びに来ていた伯父の友人ドクター(東北大学ではじめて心療内科を開設したドクター)に、肩こりがひどくて整形外科に通っているけど治らないと話したら、すぐ自分の病院に来なさいと言われた。
知り合いなのに見てもらうのは嫌だとわがままを言いつつ、渋々、訪ねたらテクノストレスからの不眠が原因と分かった。
あら不思議! その日に処方してもらった薬を飲んだら翌日には腕が上がるし、体の重さもなくなった。
名医とは聞いていたが、やっぱり名医だったのね~。なんて思う、罰当たり者です。(^^;)

伯父のお友達たちは今は穏和な優しいおじいちゃんばかりだ。
しかし、昔はそれなりに立派な人たちばかり。若い頃はピリピリしてたと思う。。。貴様!とか言うし~。

ほとんどが海軍兵学校出身の人たちなのだが、小さい頃、いい年のおじさんたちが海軍の帽子をかぶってみんなで軍歌を歌っているのを見たことがある。異様だった。。。なんとなく恐怖を感じた。

しかしこのじいさんたち、やはり徒者ではない。話をすると楽しいし勉強になる。中にはパールハーバーのあのとき戦闘機に乗っていた人もいる。驚きである。

一度 戦争を知らない友人たちと、このおじいさんたちの交流会を開いた、昔の印象で頭ごなしの交流になるのでは?と心配したが、とても良い交流会で友人たちにすごく喜ばれた。
もっと早くやっておけば良かった~。

その5につづく

« さくらとコロ | トップページ | あっという間 その5 「がんばれ若き杜氏!!」  »

アッという間の12年シリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アッいう間 その4 「親愛なるおじいちゃんたち!」:

« さくらとコロ | トップページ | あっという間 その5 「がんばれ若き杜氏!!」  »