« ああ~!アッという間の12年 その1 | トップページ | 犬占いに依ると・・・オールド・イングリッシュ・シープドッグ »

2005/01/21

アッという間 その2 「タイムカプセル!」

重い空気の中、毎日出勤した。
仕事は 体調の悪い伯父を補佐することで大した仕事はなかった。

驚いたのは、伯父が12年前と何一つ変わらない仕事をしていたのだ。。。
取引先も、伝票も、仕分けの仕方も、事務の備品も何もかも変わっていないのだ。変わったのは経理スタッフと総務スタッフ(とてもかわいがって頂いたな~。)が居らず、ワンフロアーが、半分のサイズになったこと、PCが導入されていた。
以前はピアノのようなコンピューターがあったが、60を過ぎた伯父がなかなかの手つきで打っていた。
覚えるのにかなり苦労をしたようだが、伯父のセンスにはビックリした。

しかし、商いって、飽きないでやるって言うけど本当だわ~。と感心!

今回手伝い始める前、やはり12年前(ビックリ 細木数子の12年周期まんざら嘘ではないかも?)
1年間だけ伯父を手伝っていた。13店舗を3店舗に縮小たものの経営は安定せず、毎日金策に走る伯父を見ていた。

結局そのころと同じ仕事をすることになった。 仕事はすぐ覚えてというより思い出してすぐ退屈になった。。。

伯父は治まらないめまいを抱えながら毎日出勤してきた。あのタフさは。。。戦中戦後を生きた人間の強さ・たくましさはすごいと思った。考えてみれば、伯父たちの世代が今の日本を創った言える。。。今新聞などで暴露されている悪い習慣も?。。。(^^;)(-_-;)

とにかく、担当の仕事はすぐ片づくので、はじめの1ヶ月は一日の半分は掃除をしていた。
伯父の病気や経営状態のこともあるが、事務所が暗く、気分が重い、ジッとして居てもつまらないし掃除をした。
はじめてみたら、壁やキャビネットが長年のたばこのヤニで茶色だったのだ。。。
全体がきれいに(?)茶色だし、家具も動かさないのでそんなに汚れているとは思わなかった。

きれいになると事務所の空気が変わったような感じだった。
それからは 一日一笑いを目指し、事務所や従業員を明るくする作戦を始めた。

その3につづく

« ああ~!アッという間の12年 その1 | トップページ | 犬占いに依ると・・・オールド・イングリッシュ・シープドッグ »

アッという間の12年シリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アッという間 その2 「タイムカプセル!」:

« ああ~!アッという間の12年 その1 | トップページ | 犬占いに依ると・・・オールド・イングリッシュ・シープドッグ »