地域SNS「ふらっと」

  • 河北新報社SNS

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2016/12/05

日本酒学講師会研修 番外編 広島

9月に行った、日本酒学講師会研修の話は今回で終わりです。
人生初の広島、絶対、原爆ドームと平和記念資料館を見て帰りたいと思いましたが、残念ながら、平和記念資料館は見ることが出来ませんでした。

Img_252825

きのう、「この世界の片隅に」という 映画を見ました。

アニメは見ないのですが、やはり、呉の話となると、祖父は陸軍軍人で戦死、伯父が海軍兵学校の学生だったこともあり、どんな映画なのか気になりました。
地元の小さな映画館でしたが、満席でした。
戦時中でも、それぞれの人生があり、食糧難でも、美味しく頂く知恵は亡くなった祖母の生活の知恵、丁寧な暮らしぶりと重なり、伯父・叔母たち・父母の青春を思い。なんともじんわり温かい気持ちを持ちました。
日本人の平和を心から願う普通の人々。あの戦争は、侵略の為ではなく、アジアの平和のためと信じていたことなど、伯父たちの話から感じたことに繋がる映画でした。
広島のように酷い爆弾は落とされませんでしたが、仙台も大きな空襲があり、人々が焼けて、水を求めて、広瀬川にたくさん人が集まり、亡くなったと聞いています。最近になって、ご近所のおばさんが、戦災孤児で、ご近所の家庭の養女になって育ったと聞いて驚きました。あのころ誰もが自分たちが出来ることを精一杯して、助け合い、生活を守り、暮らしていたんだろうと、様々に身近な人たちの思い出に重なる映画でした。

» 続きを読む

2016/12/02

日本酒学講師会研修 酒米編 賀茂鶴酒造さんの美酒鍋

夕べのケンミンshowご覧になりました??びっくりした!

Img_247625

Img_20160904_14102725

美酒鍋とこのオバマ大統領も飲んだこのお酒(金粉入り うひひ)頂いたんですよ~。美味しかったな~。

Img_247425

豚バラ・鶏肉・すなずり・厚揚げ・ネギや人参・白菜・こんにゃく・椎茸など季節の野菜。

味は塩と生にんにくとお酒だけ・・・水は入れません。

まずお肉だけを鍋で軽く火を通し、日本酒を注ぎ込む、その後に野菜を入れて煮込む。

Img_20160904_14151925

お酒をたっぷり贅沢に使ってます~。

» 続きを読む

2016/11/29

日本酒学講師会研修 酒米編 賀茂鶴酒造

さて、いよいよ 賀茂鶴酒造((株)さんの蔵を拝見!

Img_245025_2
奥にある蔵を見せて頂きます。(すみません。カメラの調子が良くなかったらしく、全体に写りが。。。。汗)
敷地内に歴史的な建物 本陣やレストランもあって、後日紹介しますが、美酒鍋を頂きました。

Img_244725_2

ここから中へ

荒巻副社長からご説明を頂きました。

Img_20160904_16204725

伺った時期は造りをしてないのですが、蔵内はピカピカに手入れされてました。

Img_20160904_16311225

賀茂鶴さんのお酒は一部の山田錦をのぞき、全量広島産のお米を使用しているそうです。

Img_248425

仕込み水は、西条盆地北側の中国山系「龍王山」などからの伏流水を使用し、硬度4~7の中硬水になるそうです。

造りは広島杜氏がゆっくり醸すお酒で、四季を通じて高山特有の澄んだ空気と冬の寒さと夏の涼しいさがお酒の造りと貯蔵に良い風土になっています。

賀茂鶴さんがある四条は、奈良時代から経済的に栄え、江戸時代には参勤交代の宿場町になり、そのころから酒造りが盛んになったそうです。

明治時代には吟醸酒を造り、最高品質のお酒を造る「酒都西条」と呼ばれ、今は、全国から蔵元さんが勉強に集まる「独立行政法人酒類総合研究所」も置かれています。

» 続きを読む

2016/11/23

日本酒学講師会研修 酒米編 広島錦・八反錦・八反草

広島錦 いずもと穀良都を親に持つ酒米になります。

丈は170cm位までになり、茎が柔らかく、刈り取りに手間がかかるお米です。バニラの様な香りがして美味しそうでした。現在は丈を短くするために改良中とのこと。米質は心白多く、形状は線状だそうです。

Img_246725_2

モデルは日本酒学講師会の会長 大越智華子さんです。会長の身長は156cm位(間違っていたらごめんなさい)だと思うので160cm以上の丈になると思います。

» 続きを読む

2016/11/17

日本酒学講師会研修 酒米編 高宮地区 千本錦・広島雄町

いよいよ、圃場に到着!

Img_245925_2

こちらのエリアでは千本錦・広島雄町・広島錦・八反錦・八反草・飯米のあきさかりが並んで作られていました。

高宮エリアは酒米の契約農家が210戸あり、30年前から酒米研究会で酒米について研究し、研鑽しているそうです。

25

まずは「千本錦」

「千本錦」は、広島県で独自に育成した酒米、「山田錦」を広島の気候風土に適するように改良することを目的として、山田錦と中生新千本を親に持つお米です。

» 続きを読む

2016/11/08

日本酒学講師会研修 酒米編 八反・広島錦など

前回から随分時間が。。。 広島カープが勝つと思っていたので、ちょっと気が抜けまし...

» 続きを読む

2016/10/29

日本酒学講師会研修 酒米編 広島の夜

今回、岡山や広島で地名の読み方が東北とは全然違うということ。見たことの無い漢字も多くて。。。文化圏の違いを感じました。

広島市の繁華街へは銀山町電停(かなやまちょうていりゅうじょうで降り、「ぎんざん」じゃないんだ~ね。。。

さて、おじゃました「ちょっこと屋」 広島の酒を100種類以上も置いてるとのこと。
メニューを見ると

Img_20160903_21014225

飲んだことのないお酒ばかり。。。勉強不足を実感(汗)

う~ん。やっぱり、酒米は八反や八反錦が目立つ。。。

Img_20160903_20285925

同行の仲間にお酒とお料理の選択をお任せに。。。
私がこの時点で知っているのは「雨後の月」くらい。

つき出しに「かちり」初めてです。
イワシの稚魚を塩ゆでして、干した物だそうです。
東北なら「しらす」豆腐の上や何かと和えて食べることが多いですよね。

Img_20160903_203235

焼き物をいろいろ頼んで、すこしづつ頂きました。

Img_20160903_20484325

焼き鳥美味しかったです。

お酒も追加

Img_20160903_21045525

八反草という、八反錦などの親になる米ですが、最近復刻してるようです。

知らないことばかり。。。

Img_20160903_21535925

これもはじめて、「一文字ぐるぐる」 

一文字という小ネギの一種だそうで、その酢みそ和、歯ごたえのあるもに巻いてあった様に思うのですが。。。巻いてた部分もネギだったのかな?

» 続きを読む

2016/10/28

日本酒学講師会研修 酒米編 岡山から広島へ

広島も岡山も人生初めての訪問。行きたいと思っていた県に伺えたのはすごく嬉しい! 。。。もうすこし時間があれば、観光したかったのです。

勉強が優先!(きっぱり)笑

岡山では半分の同志が帰路へ、半分は広島に向かいました。
広島へ行く前に、人気の岡山ラーメンを食しようと、駅から徒歩10分ほどの老舗ラーメン店、富士屋さんへ。

Img_20160904_075821

見た目の色は濃いのですが、とてもあっさり。豚骨スープのようでちょっとトロってしていて、でも博多の様に濃くなく、臭みもないです。毎日食べられそうなラーメンでした。

ここでは、アクシデントがあり、ビールを飲んで一息ついていたら、新幹線に乗り遅れそうで、同行者にご迷惑を掛けながら、バタバタ店を出たら、めがねを忘れ、後日連絡して送ってもらいました。本当は帰りに岡山で降りて、食べることを考えていたのですが、新幹線の都合上断念しました。。。汗

» 続きを読む

2016/10/20

日本酒学講師会研修 酒米編 雄町 その3

さて、酒米 雄町の郷 赤磐地区の圃場へ 岡山県は晴れの国といわれ、日本で日照量の...

» 続きを読む

2016/10/17

日本酒学講師会研修 酒米編 雄町 その2

ふくよかな味わいになる 酒米「雄町」 山田錦や五百万石の親になる酒米。 その雄町...

» 続きを読む

«日本酒学講師会研修 酒米編 雄町 その1

ツイッター

  • 日々是幸幸 つぶやきます!