2018/05/17

日本酒の話「曜平さんに聞いてみよう」 その壱

平成30年5月17日放送のエフエムたいはく「KUROの食とお酒とHappyサステ...

» 続きを読む

2018/05/12

第62回・63回 ゲストはイタリア語教室 アミチツィアの宮田先生

第62回(平成30年5月17日放送)と第63回(平成30年6月7日)の午後5時3...

» 続きを読む

2018/04/16

60.61回のゲストは(株)ゆいネット&(株)たびむすび社長 稲葉さん

早くも 60.61回目の放送。。。カミカミの素人ながらもどうにかココまで。やっと...

» 続きを読む

2018/03/20

日本酒学講師会 新潟研修 ④

次ぎに伺ったのは、新潟県醸造試験場(昭和6年1930設立) 新潟には県内に90社...

» 続きを読む

2018/03/19

日本酒学講師会 新潟研修③

なかなか、ブログが書けないうちに、 新潟 酒の陣が終わった。。。(ρ_;) 怪我...

» 続きを読む

2018/03/13

58回・59回のゲストはホヤ愛・塩竃愛に溢れたブンさんです。

今回のゲストはみなさんからは、文(ぶん)さんと呼ばれる、ホヤ愛・塩竃愛にあふれた...

» 続きを読む

2018/02/15

2月15日と3月1日放送のゲストは関口先生

あこがれの女性 子どもの創造表現空間「ハート&アート空間ビーアイ」主宰の関口怜子...

» 続きを読む

2018/02/01

今年初の収録は

地雷也の提供「KUROの食とお酒とHappy サスティナライフ」の初収録は1月9...

» 続きを読む

2017/09/22

日本酒学講師会 新潟研修 ②

 越の鶴や壱醸を銘柄に持つ越銘醸株式会社さんへ 到着早々、まずは越淡麗の圃場に行...

» 続きを読む

2017/09/20

日本酒学講師会 新潟研修 ①

平成29年 9月に伺った 新潟での研修

初日、はじめに伺ったのは、新潟県農業総合試験場です。
こちらはコシヒカリを世に送り出した試験場です。

Koshihikarihi_2

新潟県農業総合研究所センターの神戸先生から新潟の酒米の栽培方法や酒造適性などについてレクチャーをして頂きました。

Photo_4

新潟の酒造好適米として有名なのは 五百万石と越淡麗(生産量は平成28年産で五百万石が12,000t  越淡麗が1,488t)

五百万石は戦前から交配が始まり、昭和30年代から育成され、昭和48年から、酒米に、越淡麗は平成16年から酒米として作られはじめたそうです。

五百万石は雄町や亀の尾を先祖に持つ米になり、越淡麗は母親が山田錦で父親が五百万石の米になります。越淡麗は五百万石が50%以上に高精白すると割れてしまうため、もっと高精白の出来る米が求められたことから始まった。

はじめからお酒にして美味しい米にするために開発された米で、作物研究センター・醸造試験場・県酒造組合の三者連携で研開発されるのは初めてのことだったそうです。
交配が始まったのは1989年、越淡麗と名前は付いたのは2004年麗しい香り豊かで、柔らかくふくらみのある酒質になる米になり、本格的に生産が始まったのは2006年だったそうです。

以前、県内の鑑評会の受賞は山田錦で醸されたお酒がほとんどだったそうですが、今は越淡麗でのお酒が受賞することが多くなったそうです。

» 続きを読む

«日本酒学講師会研修 番外編 広島